スキャフォールド技術の市場規模、2027年に12億5,717万米ドル到達見込み

プレスリリース発表元企業:株式会社グローバルインフォメーション

配信日時: 2021-06-21 14:00:00

スキャフォールド技術の市場規模、2027年に12億5,717万米ドル到達見込み


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「スキャフォールド技術市場の成長機会・成長予測 (2020-2027年):製品タイプ・タイプ・用途・エンドユーザー・地域別」(Allied Market Research)の販売を6月18日より開始いたしました。

スキャフォールド技術市場の概要
スキャフォールド技術の市場規模は、2019年には3億9,891万米ドル、2020年から2027年にかけて16.9%のCAGRを記録し、2027年には12億5,717万米ドルに達すると予測されています。

組織工学は、損傷した組織の一部を修復または置換する幅広い用途をカバーしています。組織工学には、幹細胞、スキャフォールド、シグナル伝達分子の3つの要素があります。スキャフォールドは、細胞の成長と発達に使用され、細胞に機械的強度を与えるものです。さらに、スキャフォールドを用いた3D細胞培養のプラットフォームは、細胞が容易に3D成長を遂げることができる表面を提供することで、細胞培養の手順を変えるために使用されます。スキャフォールド技術では、細胞は細胞外マトリックスや合成材料の中で培養されます。細胞の接着、増殖、活性化は、スキャフォールド材料の特性やスキャフォールドの特性に依存します。要求される機械的機能や新組織の形成速度を達成するためには、材料、分解速度、スキャフォールドの特性など、さまざまな特性を特定の用途に合わせて変更する必要があります。スキャフォールドの細孔分布、多孔性、露出した表面積は、細胞外マトリックスの構造、細胞の浸透、浸透速度、再生プロセスの最終的な効果に影響を与えます。

COVID-19パンデミックは、スキャフォールド技術市場に世界的に大きな影響を与えています。研究活動の活発化により、SARS-CoV-2に対する適切な治療法を開発するために、3D細胞培養におけるスキャフォールドベースのプラットフォームに対する大量の需要が発生しています。しかし、一貫性のない中断されたサプライチェーン活動や人材の確保が市場の成長に影響を与えると予想されます。さらに、社会的な距離感を保つために、世界のさまざまな国が全国的なロックダウンを採用しています。そのため、貿易や輸送の制限、検疫措置、国境を越えた移動の規制、生産の中断などにより、3D細胞培養に必要なスキャフォールドベースのコンポーネントの供給が世界各地で減少し、市場の成長に悪影響を及ぼしています。

世界のスキャフォールド技術市場の成長は、身体再建術や組織工学への需要の高まり、生体材料の使用量の増加、スキャフォールド技術の技術的進歩の成長が主な要因となっています。しかし、導入コストの高さや、スキャフォールドを使わない細胞培養技術の登場は、市場の成長を妨げる要因になると予想されます。逆に、発展途上国では政府による研究開発への支出が増加しているため、これらの国では高い成長が期待できます。


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress