2013-09-06 16:36:00

ザ コカ・コーラ カンパニー(TCCC)と都市貧困層のための水と衛生(WSUP)がパートナーに

プレスリリース発表元企業:The Coca-Cola Company



(ストックホルム)- (ビジネスワイヤ) -- ザ コカ・コーラ カンパニー(TCCC)と都市貧困層のための水と衛生(WSUP)はストックホルムの世界水週間において本日、ケニア、ザンビア、マダガスカル、モザンビークのアフリカ4カ国で行なわれる新プログラムに対する当社の支援について発表しました。コカ・コーラ・アフリカ財団が提供する総額460万ドルの資金は、都市と都市周辺部の27万人以上の住民に清潔な水と衛生を提供するための持続可能な解決策に助成されます。支援する活動には、地域社会のための給水所と貯水タンクの建設、持続可能な水道事業、地元水道事業者の能力強化が含まれます。また、WSUPのパートナー、地域、政府により、コカ・コーラの助成金と同額の助成が行なわれます。このプログラムは、2015年末までに200万人以上の人々に清潔な水を提供する当社の取り組み「アフリカをうるおすためのイニシアティブ(RAIN)」の一環です。

民間部門、非政府組織(NGO)、研究機関の非営利パートナーシップであるWSUPは、都市部の低所得地域が飲用に適さない水しか入手できず、不衛生な環境に置かれているという世界的問題の解決に重点を置いています。政府の目標を達成するために地元水道事業者、企業、当局、事業エリアの地域社会と協力し、清潔な水の持続的な供給と衛生事業を実行する各種の方法を支援します。主な支援活動は、以下の通りです。

ケニア - リフトバレー州の世界的に有名なナイバシャ湖に隣接するナイバシャ県の都市周辺部であるキウ、ミレラ、カラギタ、カメレ、クワムヒア、カサラニ地区の4万5000人以上がRAIN-WSUPの介入活動の恩恵を受けます。この取り組みにより、地下水のフッ化物レベルが高いために歯と骨のフッ素症が発生している地域の人々に安全な水を供給するための水処理・貯水・給水網を確立します。フッ化物ろ過システムを備えた給水所と貯水タンクが建設されます。また、このプロジェクトにより井戸を改修し、さらに多くの低所得地域の人々が清潔で安価な水を入手できるようになります。衛生改善事業には、屋外共同トイレの改修、衛生マーケティング戦略の開発と実施、衛生製品の製造を行う技術者や地元企業の研修などが含まれます。プロジェクトの主導的な役割を担当し、地元の水道・衛生企業で雇用機会を得ることで、地域の女性が積極的な役割を担います。 ザンビア - RAIN-WSUPプロジェクトは、ルサカ近隣の都市近郊の低所得地域であるチャインダとバウレニ地区に住む6万3000人の人々が安全な水を公平に入手できる手段を提供します。このプロジェクトは、自治体の水道事業者であるルサカ上下水道会社(LWSC)による持続可能な水道事業モデルの開発を支援します。活動には、現行の水道システムの改良、LWSC従業員と地域社会への新しく導入された画期的な前払い制給水機の使い方の指導、地域社会の参加、衛生施設の改良、新たな委任管理体制の確立が含まれます。加えて、このプロジェクトは水の販売業者としての雇用を通じて、女性の社会的地位の向上を促します。 マダガスカル - RAIN-WSUPプロジェクトにより、地元の水道事業者であるJiro sy Rano Malagasy(JIRAMA)の全市規模の水道・衛生事業を持続可能な方法で支援し、その能力強化を図ることで、アンタナナリボの都市周辺部の低所得地域のための公共事業を拡大します。具体的な活動には、市内7地区への給水所73カ所と共同洗濯場8カ所の建設、地区住民に対する施設管理の研修、無収水(NRW)対策に関するJIRAMA従業員の能力強化が含まれます。このプロジェクトは14万2000人の役に立ち、健康、生活、男女平等の向上と貧困の低減に貢献します。地域の女性がプロジェクトの展開において主導的役割を担えるよう支援し、新設の共同洗濯場で収入を得られる機会を女性に提供します。 モザンビーク - RAIN-WSUPプロジェクトは、マプトの都市周辺部の低所得地域を対象に、安全で持続可能な飲料水を提供し、水道事業者のÁguas da Região de Maputo(AdeM)の能力を強化するための活動を展開します。衛生介入活動には、清潔な水と衛生施設により健康への影響を改善するための共用衛生施設の建設、学校での衛生の向上、排水改善の実施が含まれます。RAIN-WSUPプロジェクトにより、推定2万8250人の住民が恩恵を受けます。プロジェクトのあらゆる段階に女性が関わり、給水機設置後の運営において女性の雇用機会が提供されます。 WSUPのサム・パーカー最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「私たちは、ケニア、ザンビア、マダガスカル、モザンビークで、安価で持続可能な清潔な水と衛生施設を提供する事業の大規模な展開を行うにあたり、ザ コカ・コーラ カンパニーのような世界的リーダーと協力できることに感謝しています。当組織はアフリカへ注力しており、TCCCもアフリカ全土で幅広い活動を行っています。私たちが現在活動しているアフリカ5カ国のうち4カ国でコカ・コーラと協力できることをうれしく思います。」

コカ・コーラ・アフリカ財団のスーザン・ムボヤキデロ理事は、次のように述べています。「WSUPは、清潔な水と衛生施設を提供する事業を通じた持続可能な地域社会の構築を支援してくれる貴重なパートナーです。WSUPは都市部の問題に対処する上で地元の能力強化と民間部門、非政府組織(NGO)、研究機関の関与に重点を置いており、こうした活動はコカ・コーラのコミュニティー・ウオーター・パートナーシップ戦略と一致するものです。当社は、RAINイニシアティブの下でWSUPとの有意義なパートナーシップを拡大できることをうれしく思います。」

都市貧困層のための水と衛生(WSUP)について

都市貧困層のための水と衛生(WSUP)は、民間部門、非政府組織(NGO)、研究機関の非営利パートナーシップです。都市部の低所得地域が飲用に適さない水しか入手できず、不衛生な環境に置かれているという世界的問題の解決に努力しています。水道事業者などの公共事業者、地元当局、企業、事業エリアの地域社会と協力し、持続的な解決策を低所得地域に提供します。WSUPは都市全域で持続可能な水道・衛生事業を提供する公共事業者の能力を強化し、衛生的な環境を推進し、低所得地域の環境基準を向上させます。

WSUPはRAINのパートナーであり、ケニア、マダガスカル、モザンビーク、ウガンダ、ザンビアで何百十万人もの住民の生活向上と、清潔な水と衛生施設を地域社会に提供する事業を行うプロジェクトを実行しています。

詳細については、http://www.wsup.com/をご覧ください。

ザ コカ・コーラ カンパニーについて

ザ コカ・コーラ カンパニー(NYSE: KO)は、500超の炭酸・非炭酸飲料ブランドで消費者にさわやかさをお届けする世界最大の飲料会社です。世界で最も価値の高いブランド「コカ・コーラ」をはじめ、「ダイエット コーク」「ファンタ」「スプライト」「コカ・コーラ ゼロ」「ビタミンウォーター」「パワーエイド」「ミニッツメイド」、「シンプリー」、「ジョージア」、「デル バレ」などのブランドで160億ドルの売り上げを上げています。当社は、炭酸飲料、RTDコーヒー飲料、果汁・低果汁飲料を提供する世界第1位の飲料メーカーです。世界最大の飲料流通システムを通じて、200カ国以上の消費者が毎日18億杯以上の当社製品を愛飲しています。ザ コカ・コーラ カンパニーは、持続可能な地域社会の構築を目指してたゆまぬ努力を重ねており、環境フットプリントの削減、活動的で健康的な生活の支援、当社社員のための安全で受容的な労働環境の構築、そして事業を展開する地域社会の経済発展の促進のための活動に力を注いでいます。ボトラー各社を合わせたコカ・コーラシステム全体で70万人を超える従業員を擁する当社は、世界の上位10社に挙げられる民間企業です。詳細については、「コカ・コーラ・ジャーニー」(www.coca-colacompany.com)をご覧ください。あるいはツイッターでtwitter.com/CocaColaCoをフォローするか、当社のブログ「コカ・コーラ・アンボトルド」(www.coca-colablog.com)をご覧ください。

RAINについて

3億人近いアフリカの人々が清潔な水の入手が困難な状況にあることから、コカ・コーラ・アフリカ財団(TCCAF)は2009年に「アフリカをうるおすためのイニシアティブ(RAIN)」を開始しました。RAINはTCCCとボトラー各社が2005年よりアフリカで支援してきた水資源プロジェクトを支援し、TCCCはアフリカでの水資源プロジェクトに対し6年間(2010年から2015年まで)で総額3000万米ドルの新たな投資を行います。RAINは、2015年末までに200万人以上のアフリカの人々が清潔な水を利用できるようにすることを目指しています。RAINは、清潔な水と衛生施設の利用に関する国連ミレニアム開発目標をアフリカが達成できるよう支援するTCCCの取り組みの一環です。TCCAFは3000万米ドルの投資を活用し、2015年まで同額の資金を集める活動を行います。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。





写真とマルチメディア・ギャラリーはこちらをご覧ください: http://www.businesswire.com/multimedia/home/20130906005173/ja/

連絡先
The Coca-Cola Company
Serena Levy, +01 404-676-2683
Director, Corporate External Affairs
or
Global Environment & Technology Foundation (GETF)
Brian Banks, +1-703-379-2713
Communications Manager
brian.banks@getf.org

プレスリリース情報提供元:ビジネスワイヤ

スポンサードリンク

広告