1才児のママ、1人で起業。「想い」に共感する女性たちが仲間に。

プレスリリース発表元企業:株式会社たすけあいサポート

女性専用・高齢者活躍の【家事代行や子育て支援サービス】、コロナ禍で大きな需要

株式会社たすけあいサポート(本社:東京都千代田区、代表取締役:クルーガー カヨ)は女性専用の【家事代行や子育て支援サービス 『てとて』】 を2020年11月1日から、東京都墨田区、江東区、江戸川区を中心に開始しました。地域密着型のソーシャルマッチングサービスは、【コロナ禍の今、必要とされているサービス】として全国放送のテレビや新聞の取材を受け、人々の注目を集め始めています。



[画像1: https://prtimes.jp/i/68615/2/resize/d68615-2-682910-0.png ]

■シングルマザーの経験から確信、「コロナ禍の今こそ必要なサービス」
私はシングルマザーとして、仕事と子育て、家族の介護を同時にしなければならない時期がありました。その時は、まったく自分の時間も取れずに、毎日必死に仕事と家事をこなし、「どうして自分だけこんなに頑張らなくてはいけないのだろう?」と泣きたい気持ちになることもありました。

現在、コロナ禍で、子どもたちが学校に行けなかったり、生活スタイルが変わったりして、仕事と家事の両立などに困っている女性たちがたくさんいます。また、その一方で、働き口を失ったり、短時間でも働きたいと望んでいたりする女性たちもたくさんいます。「そんな女性たちの力になりたい」という想いから、昨年、【家事代行や子育て支援サービス『てとて』】で起業しました。

社員は私1人だけ、当時1歳の子どもを育てながら、0からの起業は楽ではありませんでした。しかし、誰よりも私自身がこのサービスの重要性を感じているからこそ、「絶対に今必要なサービスだ」という信念を持ち、迷いはありませんでした。

そうしているうち、私の想いに共感してくれた女性たちが「スタッフとして手伝いたい」「自分にできることはありますか」と、一緒に会社を作っていく仲間になり始めたのです。会社員、元公務員、主婦、大学生…バックグラウンドは様々ですが、「社会でがんばる女性の応援団になる!」を合言葉に、集まった女性たちが、登録メンバーになったり、在宅で会社の仕事を手伝ったりして、少しずつチームが出来上がっていきました。

[画像2: https://prtimes.jp/i/68615/2/resize/d68615-2-358962-1.png ]

■ローンチから4ヶ月で大手メディアが次々と取材に
そして、地域のタウン誌で記事として取り上げてもらったのを皮切りに、テレビや新聞の取材など、大手のメディアからも取材の連絡をいただくようになりました。近日中に、全国放送のニュース番組内で弊社の【家事代行や子育て支援サービス】の実際の様子と代表のインタビューが放映される予定です。こうした注目度の大きさからも「このサービスが今の時代に求められているものなのだ」と、私たちはさらに確信しています。

■他社にはない、女性・高齢者が活躍できる仕組み
[画像3: https://prtimes.jp/i/68615/2/resize/d68615-2-246582-2.png ]

『てとて』は、女性専用の【家事代行や子育て支援サービス】です。働きたくても働ける場がない65歳以上の高齢者や専業主婦が、子育てや介護で忙しい女性をサポートします。携帯電話から24時間いつでもアクセスでき、ネットが苦手な高齢者向けの電話サポートも完備しています。自社開発・フルリモート化で業界でも圧倒的に低い手数料での利用を可能にしました。個別面接や身元保証人登録、保険対応など、安全・安心を最重要視した仕組みを取り入れています。また、家事代行や子育て支援から高齢者の見守りまで、幅広いサポートを可能にしました。

サービスURLは以下のとおりです。
https://www.tasukeai-support.com/

■新サービス、地域密着型の情報サイト『Niccoli』

[画像4: https://prtimes.jp/i/68615/2/resize/d68615-2-849359-5.jpg ]

先の見えないコロナの状況の中で、仕事や家事で精一杯の女性たちは孤独を感じていないでしょうか?音声でつながるSNSも話題ですが、実際に人が助けてくれる、誰かと一緒に何かをできることの大切さが見直されているのも事実です。

私たちは、地域の女性たちからの「地域のサービスがひと目でわかり、活用できるサイトがほしい」という声を受け、2021年1月31日に、東京都墨田区、江東区、江戸川区を中心に、飲食店やイベントなどのサービスをまとめたサイト『Niccoli』(niccoli.jp)をローンチしました。女性や子どもたちが参加できるヨガや片付けなどのワークショップの応援・告知も3月から開始し、対面とオンラインの両面でコミュニティを形成していきます。

[画像5: https://prtimes.jp/i/68615/2/resize/d68615-2-701420-6.png ]


コロナ禍で家事代行や子育て支援サービスのニーズは爆発的に増えていますが、私たちが目指すのはサービスにとどまらず、人と人が助け合い、心を通わせられる関係です。1人から始まった会社がたくさんの女性たちをつなげ、お互いに助け合い、つながりあう社会をつくっていくと信じています。

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告