【参加費無料】競合他社との差別化に悩む企業へ。ベストセラー出版社の“企業の社外編集者”が明かす賢い「PR出版の使い方」

プレスリリース発表元企業:株式会社アスコム





画像 : https://newscast.jp/attachments/MKCf9vVWe4Ep3qUlRtgo.jpg


ビジネス書や健康実用書でベストセラーを多数出版している株式会社アスコム(本社:東京都港区、代表取締役社長:高橋 克佳)は、出版を活用した戦略PRのポイントを解説するオンラインセミナーを開催します。


競合他社との差別化に悩む企業へ


自社の強みがうまく表現できない。
サービスの質には自信があるのに、ウェブサイトや広告で文字になると普通に見えてしまう。
メディア露出を狙いたいが、何をどうPRすればいいのかわからない。
競合他社との差別化が難しい昨今、コンテンツマーケティングやブランディングが大事だとは思うものの、どうすればいいのかわからないという企業は少なくありません。
そんな悩みを、社外編集者が解決します!


PRでヒットを生んできたアスコム


今回のセミナーでは、
● 企業が出版事業を利用してできることは何か
● 出版を決める前に準備しておくべき3つのこと
● PRにつながる企画編集のポイント
● 企業にとって使える出版社、編集者とは
など、事例を交えながら「出版の賢い使い方」を解説します。
PRにつながる本作りで数々のヒットを生んできたアスコムの、制作の裏側もできる限り明かします。


ご要望に応じて無料で企画提案します


セミナーを聞いていただいた方からご要望があれば、アスコムの編集者が無料でヒアリングと企画提案をさせていただきます。
● うちの会社を本にするなら何が売りになるの?
● 出版社だったらどんなキャッチコピーを考えてくれるの?
● 知名度のない著者でも本になるの?
● とりあえず、どんなもんか試してみたい
そんな皆さんからのご相談をお待ちしています。
提案を聞いていただくだけでも、何かのヒントに役立てでいただけるかもしれません。


<セミナー概要>
【参加費無料】中小企業向け ベストセラー出版社が明かす費用対効果の高い「PR出版の使い方」
開催日時:2021年3月11日(木) 17:00〜(約60分)
参加方法:お申し込み後にメールにてZoomの専用URLをお送りします
参加費: 無料 ※事前登録制、先着20名様とさせていただきます
主な対象: 中小企業経営者、広報担当者、事業責任者
お申し込み: 以下サイトからお申し込みください。
https://www.seminarjyoho.com/course_show_530470.html


<講師紹介>
中山景
株式会社アスコム メディア開発部 副編集長
15年間、一貫して企業や大学、団体の広報・PRにコンサル兼コンテンツ制作として携わり、課題解決をサポート。これまで担当したクライアント企業は100社以上。
1981年、茨城県水戸市生まれ。埼玉大学経済学部経営学科卒。
卒業後、広告系出版社にアルバイトとして入社。住宅情報誌の校了データ取りまとめ、製版、印刷入稿に従事。
2006年、編集プロダクション入社。企画・編集職として書籍や雑誌の制作を行うほか、企業、大学、労働組合の広報・PR、ウェブ制作、ノベルティグッズ製作、イベント運営等に携わる。
2014年に出版社へと転職。企業のブランディングやPR、リクルーティングなどを目的とした出版コンサル業務に携わり、年間20冊前後のビジネス書を担当。
2018年、アスコムに入社、メディア開発部に配属。書籍編集のほか動画制作や研修開発、新規事業の開発などクライアント企業の課題解決に幅広く携わる。
2020年に担当した『「自己肯定感低めの人」のための本』が現在7万部を突破。


画像 : https://newscast.jp/attachments/4IBmMYBxATbgf1rmhbkc.jpg




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • (c) 2021 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • (c) 2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
  • タント特別仕様車 楽天イーグルス エディション ⓒRakuten Eagles
  • Photo:スカイライン打倒を果たした「第6回富士TT」で激走する加茂・増田組サバンナ(マツダレース委員会アーカイブ)
  • © 2021 Universal Pictures
  • レクサスの特別仕様車3種と松山英樹選手(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 日産アリア limited(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • (c) 2021『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
 

広告

ピックアップ 注目ニュース