発達障害の早期発見 「ここのばひろば」を10月1日より提供開始

プレスリリース発表元企業:株式会社CoConova

配信日時: 2020-09-28 15:00:00

発達障害の早期発見 「ここのばひろば」を10月1日より提供開始


子育てで悩んでいる保護者様向けに「ここのばひろば」を無料で開放  お子様の発達相談を療育の専門スタッフに

児童発達支援事業 株式会社CoConova(本社:大阪市東淀川区、代表取締役:百瀬洋介、以下 「CoConova」)は、発達障害を早期発見するためのサービスとして、「ここのばひろば」を2020年10月1日より提供開始いたします。

■ここのばひろば リーフレット
https://coconova.co.jp/images/top/coconovaplay.pdf

■なぜ新サービス提供開始にいたったかの背景
子どもの1歳半児健診や3歳児健診において発達の遅れを指摘されることがある。そこから保護者が専門機関などに相談することで子どもの発達のつまずきに対して早期からケアができる。一方で、自閉症と診断されることへの抵抗感から専門機関へ相談することを躊躇う保護者も少なくはない。
発達障害者支援法が2005年に施行されたことで、世間における発達障害の認識は高くなっている。特別支援級や、児童発達支援事業・放課後等デイサービスなど発達障害児を支援するインフラも以前より充実してきている。しかしながら、1-3歳児の発達の遅れが気になる子どもおよび保護者をケアする仕組みはまだ不足している。
CoConovaでは、気軽にお子様に遊んで頂く環境を提供することで、子どもの成長が気になるけど専門機関に相談するまでではないと感じている保護者様に気軽にご相談頂くための環境を創る。

■新サービスの特長
1.ご利用は無料
何回ご利用頂いても無料です。

2.療育の専門機関である児童発達支援事業所が運営
CoConovaでは未就学児への個別療育を専門に行っているため、専門スタッフがお子様の発達の相談に乗ることができる。また、行政の認可事業を行っている事業所が運営していることの安心感がある。

3.簡単お申し込み
ご利用のハードルを下げるために、簡単に申し込みできる仕組みを用意している。電話・ホームページ・QRコードからのスマホ申し込み・LINEアカウントからの申込み。

■新サービス概要
毎週水曜日の10:30〜11:30にCoConovaのプレイルームを開放する。保護者様とお子様で遊びにきていただく。プレイルームでは滑り台や平均台などのアスレチック、鉄棒、バランスボールなどの運動遊具や、プラレール等の玩具も用意している。お子様はプレイルームで遊んで頂き、保護者様は必要に応じて子育ての相談をして頂く。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2OTUyNSMyNTQyMDkjNjk1MjVfYUJtbWNSeG9DZC5KUEc.JPG ]
[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2OTUyNSMyNTQyMDkjNjk1MjVfTEF1RmRsdFFtai5qcGc.jpg ]

■今後の展開 
CoConovaに来所しなくても相談ができるようオンライン(zoom)による相談会を実施することで、より気軽に悩みを聞いてもらえるような環境を作っていく。

■会社概要
商号           : 株式会社CoConova
代表者          : 代表取締役 百瀬 洋介
所在地          : 〒533-0033 大阪市東淀川区東中島1-17-26
設立           : 2019年3月
事業内容         : 児童発達支援事業(未就学児の発達障害療育)
資本金          : 100万円
URL     : https://coconova.co.jp

■代表プロフィール
北海道大学理学部卒。IT会社において法人営業に13年間従事。放送通信業界に対し、顧客管理システム、CRMを中⼼としたITコンサルティング営業を実践。2014年に経営学修士を取得。その後、高齢者施設にお食事を提供する会社に転身。企画部門の責任者に従事。事業戦略、サービス企画、顧客フォローする機能を統率。⾼齢者福祉施設向けの⼈材派遣・紹介会社を責任者として⽴ち上げ。その後、お⾷事提供事業(フードソリューション事業)の事業責任者として、企画部⾨および顧客コンサルティング部⾨を統率。2018年保育士資格の取得。2019年株式会社CoConovaを設立。2020年6月に大阪市の認可を受け児童発達支援事業を開始。

■児童発達支援事業立ち上げの背景
自分(代表)の息子(7歳)が発達障害であり、未就学時には息子も児童発達支援事業を運営する事業所に通っていた。事業所の数はまだまだ十分とは言えず、自宅の淀川区周辺では空きがないことから、心斎橋まで週に1回通わせていた。
療育を専門的に行うことができる事業所は多くなく、場所によっては保護者がキャンセル待ちをするような状況であった。
この経験を通じて、より多くの発達障害の子どもが療育を受けられる環境を作りたい!という想いになった。また、その子を支える保護者の精神的または肉体的な負担を減らすことで、保護者が仕事や学びに集中できる環境を作っていきたい!と想った。


[動画: https://www.youtube.com/watch?v=bUOGtRcvyw8 ]


■本件に関するお問い合わせ先
企業名:株式会社CoConova
担当者名:百瀬 洋介
TEL:06-6300-7036
Email:info@coconova.co.jp



提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress