ライムライト・ネットワークスの新しいEdgeFunctionsが オンライン体験の改善、ワークフローおよびカスタマイズされたコンテンツ配信を強化

プレスリリース発表元企業:Limelight Networks, Inc.
ライムライト・ネットワークスの新しいEdgeFunctionsが オンライン体験の改善、ワークフローおよびカスタマイズされたコンテンツ配信を強化

~ライムライトのEdge Platformにサーバーレスコンピ ューティングの新機能を追加し、開発者に強力なグローバルネットワークへの直接的なアクセスを提供~

(東京、日本)-(美国商业资讯)--コンテンツ配信ネットワーク(CDN)とエッジクラウドサービスのリーディングプロバイダーであるLimelight Networks, Inc.(Nasdaq: LLNW)は、エッジ機能を拡大し、開発者がグローバルネットワークのカバレッジとスケールを活用しつつ独自のコードを柔軟にデプロイして実行することを可能にする、新しいサーバーレスコンピューティングサービス「EdgeFunctions」の提供を開始したと発表しました。

EdgeFunctionsは、コンテンツのワークフローを合理化し、短時間に重要な意思決定を行い、ユーザー体験をカスタマイズするために、ネットワークエッジでカスタマイズ可能な環境を提供します。このような環境をネットワークエッジで提供することで、開発者はライムライトの低遅延性、オンデマンドでのスケーラビリティ、ハイパフォーマンスなネットワークを活用することが可能です。EdgeFunctionsは、パーソナライズされたストリーミング配信、コンテンツ保護、動的な広告挿入、A/Bテスト、画像操作など、ストリーミングビデオやコンテンツ配信のユースケースに最適です。また、EdgeFunctionsは、ライムライトの高度に分散されたネットワーク上でグローバルに利用できるため、コンテンツへのリクエストを受信した場所に最も近いエッジ拠点でデータを処理することができ、可能な限り低遅延でコードを実行でき、高いユーザー体験を提供します。

コンテンツ保護とマルチスクリーン対応TVソリューションのリーディングプロバイダーであるNAGRAのアンチパイラシー担当副社長Jean-Philippe Plantevin氏は、「当社のフォレンジック電子透かし技術であるNexGuard StreamingをEdgeFunctionsと統合し、プレミアムOTTプロバイダーのコンテンツを漏洩や著作権侵害行為から保護するためにライムライトと提携できたこと喜ばしく思います。EdgeFunctionsを使用することで、カスタマイズしたソリューションをライムライトのネットワークエッジに迅速にデプロイすることができ、VODとライブOTTの両方の電子透かしワークフローにオンデマンドで対応できるようになりました」と述べています。

EdgeFunctionsはライムライトのグローバルネットワークを活用しており、Node.js、Python、Goを含む複数のプログラミング言語をサポートし、柔軟性と強力な機能を直接開発者の手にもたらします。開発者はAPIを利用してネットワークエッジで機能を管理し、デプロイ、実行して1,000社以上のISPや主要なパブリッククラウドプロバイダーとの直接のピアリング接続を活用できます。

IDCのエッジ戦略担当リサーチディレクターであるDave McCarthy氏は次のように述べています。「エッジのテクノロジーとソリューションは、顧客の多様なニーズに応えるために、急速に拡大しています。ライムライトは、世界中にエッジ拠点を持つ広範なグローバルネットワークを保有しています。開発者がコンテンツをより動的にコントロールし、それをライムライトの広範なグローバルネットワークと組み合わせることで、エッジでの動画配信を最適化することが可能となるでしょう。 」

EdgeFunctionsは、ライムライトのEdge Computeソリューションにおける最新のイノベーションです。このEdge Computeソリューションには、サーバーレス、仮想マシン、ベアメタルなどのソリューションが含まれており、お客様が必要とする方法と場所でEdge Compute機能を提供します。ライムライトは2018年に初めてEdge Computeの提供を開始し、グローバルに分散した計算能力と高性能なネットワークを組み合わせることで、お客様は低遅延の高度に接続された環境にアクセスできるようになりました。

ライムライトCEOのBob Lentoは次のように述べています。「ライムライト・ネットワークスはは、新しい革新的なソリューションを用いた高性能なオンラインビデオ配信という枠に留まらず、オンライン体験を強化し、弊社にしかできない方法でお客様に真の価値を提供するために進化を続けてきました。 そして今、開発者は当社のネットワークエッジで、広い帯域を必要とし、遅延に敏感なアプリケーションを作成して実行できるようになりました。当社の広範なEdge ComputeサービスとEdgeFunctionsとの組み合わせは、現在利用できる最も包括的なコンテンツ配信およびエッジツールセットの1つであり、今後もさらに多くの機能を備えた強力な機能を提供していく予定です。世界をリードしている多くのお客様に、これらのサービスを提供できることを楽しみにしています。」

詳細については、
https://www.limelightnetworks.jp/products/edge-compute/edgefunctions-serverless-compute/

をご覧ください。

*本リリースは米国で9月8日に配信されたプレスリリースの抄訳版です。

【ライムライト・ネットワークス・ジャパン株式会社について】
ライムライト・ネットワークス(NASDAQ: LLNW)は、最高品質のオンライン動画体験とエッジ対応のワークフローを提供するグローバルリーダーです。ライムライト・ネットワークスのエッジサービスプラットフォームは、世界のあらゆる場所で即座に知識、情報、エンターテイメントにアクセスすることを可能にし、リアルタイムかつインタラクティブ、イマーシブな次世代コンテンツを加速させます。www.limelightnetworks.jp



businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20200916005881/ja/

連絡先
本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先
ライムライト・ネットワークス・ジャパン株式会社 担当:吉川
TEL: 050-3628-1545   Email: info-jp@llnw.com

プレスリリース情報提供元:ビジネスワイヤ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」の自動文字起こしイメージ。(画像: レブコムの発表資料より)
  • ウシオ電機が開発した紫外線装置「Care222」(画像: ウシオ電機の発表資料より)
  • 新型「LS」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース