DNAメチル化の世界市場、癌の有病率の増加、コストの低下、シーケンシングの生産量の増加などにより需要が拡大 政府による資金調達も開発を促進

プレスリリース発表元企業:株式会社グローバルインフォメーション
DNAメチル化の世界市場、癌の有病率の増加、コストの低下、シーケンシングの生産量の増加などにより需要が拡大 政府による資金調達も開発を促進


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「DNAメチル化の世界市場 (2019~2030年)」 (BIS Research Inc.) の販売を8月6日より開始いたしました。

DNAメチル化は、遺伝的エピジェネティックマーカーであり、DNA メチルトランスフェラーゼ(DNMT)として知られる酵素によるDNAシトシンリングC-5位へのメチル基の共有結合転移を伴います。ヒトの場合、DNAのメチル化は、ゲノムのいかなる背景においても主にシトシンで発生します。DNAメチル化の98%以上は、体細胞ではCpGジヌクレオチドの状況で発生します。現在のDNAメチル化市場は、Exact Sciences Corporation、Illumina, Inc.、QIAGEN N.V.、Thermo Fisher Scientific Inc.などの診断機器大手が支配しています。これらの企業は、ゲノム中のDNAメチル化の検出のための様々な診断機器や研究ベースの製品を提供しています。

これらの製品は一般的に、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)、マイクロアレイ、そして従来型および次世代型両方を含むシーケンシングなどの技術に基づいています。DNAメチル化診断検査の基本的な有用性は、臨床的に有用な遺伝的機能の同定に基づいており、遺伝性疾患の診断、予後、治療法に関する重要な情報を提供します。これにより、臨床検査、治療管理、治療法の選択を容易にします。

既存のDNAメチル化市場は、世界的な癌の有病率の増加、コストの低下、シーケンシングのアウトプットの増加など、複数の要因に後押しされています。また、DNAメチル化関連製品の承認や発売の増加により、市場に有利な成長がもたらされるでしょう。さらに、がんのプロファイリングにおいて早期段階におけるバイオマーカー利用の増加が、市場の主な推進要因となっています。

政府による資金調達もDNAメチル化市場の主要な成長要因の1つです。政府による資金提供の増加により、研究機関や主要プレーヤーの開発を促進するだけでなく、一部の腫瘍の診断に役立つ新しいアッセイを市場に出すことが期待できます。資金調達の増加は、がんプロファイリング市場の流動性につながるため、企業は疾患の原因となる根本的な変異を特定するためのさまざまな検査オプションを開発すると予測されます。これらの要因により、市場の成長が加速すると予想されます。

市場は、製品タイプ、技術、アプリケーション、エンドユーザー、地域ごとに分類されます。

地域別に見ると、2020年から2030年を通じて北米がトップの座を維持すると予想され、欧州がこれに続きます。これは、2018年のがん有病率が最も高いことと相まって、この地域に業界をリードするプレーヤーが存在することによるものです。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/bis946837-global-dna-methylation-market-focus-on-products.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース