設置加速見込まれる 街頭防犯カメラ (株)プロテックが中国電力グループの(株)電力サポート中国と業務委託契約による新サービス提供開始

プレスリリース発表元企業:株式会社プロテック
2社による業務委託契約 6月1日(株)電力サポート中国の会議室にて

用心防・街ほたる

みんなをみまもーるロゴ

街頭防犯カメラ「安視ん君(あんしんくん)」の開発・製造および、消防設備の設計・施工・保守を手掛ける、株式会社プロテック(所在地:広島県福山市、代表取締役:永井 健三)は、株式会社電力サポート中国(取締役社長:畝本 耕治)との業務委託契約を締結し、新サービス「みんなをみまもーる」の受付を5月27日より開始しました。株式会社プロテックは防犯カメラの提供と施工・保守を担い、街頭防犯カメラの更なる設置促進活動を展開します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/214722/LL_img_214722_1.png
2社による業務委託契約 6月1日(株)電力サポート中国の会議室にて

「みんなをみまもーる」は、株式会社電力サポート中国が受付窓口となり、中国電力ネットワーク株式会社所有の電柱に防犯カメラを設置するサービスです。サービスの対象は広島市・呉市・三原市・福山市・廿日市市の自治会、町内会、商店街または地方公共団体です。サービス対象地域については、順次拡大していく予定です。

電柱に防犯カメラを設置したいとの要望は多数ありましたが、これまでは行政機関が設置する場合に限り、中国電力ネットワーク株式会社所有の電柱への防犯カメラ設置が認められていました。「みんなをみまもーる」は、自治会や町内会等、民間団体が設置する場合も電力柱へのカメラ設置が可能となります。

サービスの特長として、株式会社電力サポート中国が受付窓口として設置申請業務および保守管理を一括して行います。「みんなをみまもーる」は、行政機関への各種使用届、中国電力株式会社への電気使用申込み・電気代支払い、中国電力ネットワーク株式会社への取付申込み・電柱使用料支払い、施工打合せなど、すべての業務を株式会社電力サポート中国が代行し、スピーディーな設置が実現します。

「みんなをみまもーる」は、基本的にフルメンテナンス付きで、設置代、電気代・電柱使用料のランニングコスト、年1回の保守点検がワンパックとなっています。対象カメラ機種は3種類(用心防、安視ん君、街ほたる)で、いずれも録画一体型。そのうち1機種はLED照明が一体となった新商品(街ほたる)です。設置場所等要望に応じて機種選定できます。

サービス料金は1年目(契約時)が300,000~360,000円、2年目以降は年間27,000~36,000円(いずれも1台あたり、税抜価格)。記録媒体のSDカードの取替は消耗品のため実費となりますが、設置後の維持管理や故障、修理の不安を解決しました。
福山市を除くサービス対象自治体では、防犯活動を行っている団体を対象に防犯カメラ設置補助制度があります。2020年度の補助金申請期限は広島市・呉市では6月末、廿日市市は7月末となっています。補助金制度の申請について5,000円/申請で受け付けます。

新サービス開始によって街頭防犯カメラ設置についての選択肢が増え、住民の安全・安心への期待に応えることができます。安全・安心なまちづくりへの地域住民の関心の高まりと共に、今後街頭防犯カメラ設置が加速することを当社は望んでいます。


■株式会社プロテック 概要
本社 : 広島県福山市南蔵王町6-18-40
東京営業所: 東京都港区浜松町2-7-8 加藤ビル2階
代表者 : 代表取締役 永井 健三
設立 : 1981年4月1日
事業内容 : 「安全・安心・快適」の提言者
URL : https://www.pro-110-119.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告