ソフィア・ホールディングス 資本準備金、利益準備金の額及び資本金の額の減少並びにその他資本剰余金の処分

2022年5月23日 13:52

印刷

記事提供元:フィスコ

*13:52JST ソフィア・ホールディングス---資本準備金、利益準備金の額及び資本金の額の減少並びにその他資本剰余金の処分
ソフィア・ホールディングス<6942>は20日、資本準備金、利益準備金の額及び資本金の額の減少並びにその他資本剰余金の処分を発表した。

同件は、現在生じている単独の賃借対照表の繰越利益余剰金の欠損のてん補を行い、早期復配に向けた環境整備を行うこと及び今後の資本政策の柔軟性及び機動性を確保することを目的としている。同件による発行済株式総数の変更はない。また、貸借対照表の「純資産の部」における勘定項目の振替処理であり、純資産に変動はない。

内容としては、資本準備金の全額(652,986,945円)を減少し、その他資本余剰金に振り替える。利益準備金の全額(10,303,603円)を減少し、繰越利益余剰金に振り替える。資本金2,358,000,000円のうち1,523,867,484円を減少し、その他資本余剰金に振り替える。これによる増加後のその他資本余剰金の全額(2,176,854,893円)を減少し、繰越利益余剰金に振り替える。効力発生日は2022年8月1日。ただし資本金の額の減少が2022年6月28日開催予定の第47期定時株主総会において承認されることを条件としている。《ST》

関連記事