アイ・エス・ビー NTT西日本のオープンイノベーション施設で「ALLIGATE Logger」を導入

2022年5月23日 13:45

印刷

記事提供元:フィスコ

*13:45JST アイ・エス・ビー---NTT西日本のオープンイノベーション施設で「ALLIGATE Logger」を導入
アイ・エス・ビー<9702>は18日、子会社のアートがNTT西日本の運営するオープンイノベーション施設「QUINTBRIDGE」で、「ALLIGATE Logger」のログ取得機能を活用した入退館管理システムを導入、3月24日の施設オープンと同時に運用がスタートしたことを発表した。

「QUINTBRIDGE」は、NTT西日本がオープンイノベーションの推進と市場全体の活性化に貢献するために開設した、大阪京橋を発信地とする共創空間。企業・スタートアップ・自治体・大学等が「学び・繋がり・集う・共創する」場となることをめざし、事業共創と人材育成の支援を行う。

ALLIGATEは、アートが提供するクラウド型の入退室管理システムで、セキュリティの強化に加えて、勤怠管理効率化・生産性向上をサポートする。ラインナップのうち「ALLIGATE Logger」は、スマホアプリ/ICカード対応している。「QUINTBRIDGE」では利用客が登録可能なQUINTBRIDGE専用の会員登録画面を構築した。《ST》

関連記事