日経平均は192円高、ダウ平均先物底堅く東京市場の下支え要因に

2022年5月23日 13:22

印刷

記事提供元:フィスコ

*13:22JST 日経平均は192円高、ダウ平均先物底堅く東京市場の下支え要因に
日経平均は192円高(13時20分現在)。日経平均寄与度では、ファーストリテ<9983>、ファナック<6954>、エムスリー<2413>などがプラス寄与上位となっており、一方、コマツ<6301>、アドバンテスト<6857>、日揮HD<1963>などがマイナス寄与上位となっている。セクターでは、保険業、海運業、医薬品、その他金融業、証券商品先物が値上がり率上位、鉱業、鉄鋼、機械、空運業が値下がりしている。

日経平均は底堅く推移している。香港ハンセン指数や上海総合指数などが下げているが、ダウ平均先物が堅調で、東京市場の株価下支え要因となっているようだ。《FA》

関連記事