ヒーハイストは23年3月期減益予想だが保守的

2022年5月16日 13:13

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

(決算速報)  ヒーハイスト<6433>(東証スタンダード)は5月13日の取引時間終了後に22年3月期連結業績を発表した。大幅増収増益だった。主力の直動機器の需要がコロナ禍から回復基調となり、半導体業界向けを中心に好調だった。23年3月期は不透明感、原材料価格高騰、成長投資などの影響を考慮して減益予想としているようだが、保守的だろう。上振れを期待したい。株価は3月の年初来安値圏から切り返したが、その後は地合い悪化も影響してモミ合う展開だ。目先的には23年3月期減益予想を嫌気する可能性もあるが、下値限定的だろう。

■22年3月期大幅増収増益、23年3月期減益予想だが保守的

 22年3月期連結業績(収益認識会計基準適用だが損益への影響なし)は、売上高が21年3月期比21.9%増の27億42百万円、営業利益が2.6倍の2億28百万円、経常利益が2.8倍の2億58百万円、そして親会社株主帰属当期純利益が5.2倍の2億17百万円だった。配当(3月11日に期末3円上方修正)は21年3月期比3円増配の4円(期末一括、普通配当3円+創立60周年記念配当1円)とした。

 大幅増収増益だった。主力の直動機器の需要がコロナ禍から回復基調となり、半導体業界向けを中心に好調だった。部門別売上高は、直動機器が半導体関連を中心とする需要増加で47.5%増の18億37百万円、精密部品加工がレース用部品を中心に増加して4.9%増の7億88百万円だった。ユニット製品は設備投資需要低迷で53.9%減の1億15百万円だった。

 四半期別に見ると、第1四半期は売上高が7億09百万円で営業利益が1億13百万円、第2四半期は売上高が6億90百万円で営業利益が66百万円、第3四半期は売上高が6億55百万円で営業利益が39百万円、第4四半期は売上高が6億88百万円で営業利益が10百万円だった。

 23年3月期の連結業績予想は、売上高が22年3月期比1.3%減の27億07百万円、営業利益が53.7%減の1億05百万円、経常利益が59.6%減の1億04百万円、親会社株主帰属当期純利益が65.7%減の75百万円としている。配当予想は22年3月期比2円減配の2円(期末一括)としている。

 不透明感、原材料価格高騰、成長投資などの影響を考慮して減益予想としているようだが、保守的だろう。上振れを期待したい。

■株価は下値眼底的

 株価は3月の年初来安値圏から切り返したが、その後は地合い悪化も影響してモミ合う展開だ。目先的には23年3月期減益予想を嫌気する可能性もあるが、下値限定的だろう。5月13日の終値は295円、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS12円16銭で算出)は約24倍、今期予想配当利回り(会社予想の2円で算出)は約0.7%、そして時価総額は約19億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

【関連記事・情報】
【どう見るこの株】アオイ電子は業績上方修正を見直し突っ込み買いも一考余地(2021/08/15)
【特集】9月末に株式分割の権利付き最終日を迎える銘柄に注目(2021/08/30)
【特集】残りの夏相場は秋相場に備えて「オータニさ~ん」関連株などの癒し系投資も一法(2021/08/23)
【どう見るこの株】安江工務店は21年12月期2Q累計順調で通期上振れの可能性(2021/08/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事