米国株見通し:下げ渋りか、FRB議長が慎重なら売り抑制

2022年3月21日 14:06

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:06JST 米国株見通し:下げ渋りか、FRB議長が慎重なら売り抑制
(13時50分現在)

S&P500先物      4,448.50(-14.6)
ナスダック100先物  14,358.70(-61.4)


米株式先物市場でS&P500先物、ナスダック100先物は軟調、NYダウ先物は140ドル安。NY原油先物(WTI)は続伸となり、本日の米株式市場は売り先行となりそうだ。


18日の主要3指数は続伸。安寄り後はプラスに転じ、ほぼ高値で引けた。S&Pとナスダックは4日連続で上値を伸ばし、5日続伸のダウは274ドル高の34754ドルで取引終了。ロシアによるウクライナへの攻撃が激化し、先行きへの懸念が下げを主導した。ただ、連邦準備制度理事会(FRB)当局者の発言が安心感を誘い、指数を押し上げた。連邦公開市場委員会(FOMC)ではタカ派姿勢が示されたが、景気への影響に否定的な見解だった。


本日は下げ渋りか。ゼレンスキー・ウクライナ大統領はインタビューでプーチン・ロシア大統領の会談の可能性に言及し、失敗なら「第3次世界大戦」と発言しリスク回避ムードが広がりやすい。また、原油相場の一段高でインフレによる景気腰折れへの懸念も売り要因に。一方、前週のFOMC後は一段の引き締めが観測されているが、パウエルFRB議長は今晩の講演で引き締め加速に慎重なスタンスとみられ、過度な売りを弱める可能性があろう。《TY》

関連記事