iOS 15.2、iPhoneの部品と修理履歴が確認可能に

2021年12月12日 16:52

印刷

記事提供元:スラド

比較的最近のモデルに限られるが、iOS 15.2 では iPhone の部品と修理履歴が確認可能になっている (Apple のサポート記事 HT212878)。

部品と修理履歴は「設定」アプリの「一般 → 情報」で確認できる。確認可能な部品の種類は iPhone の世代によって異なり、iPhone XR / XS / XS Max 以降および第 2 世代 iPhone SE ではバッテリーの交換履歴が確認できる。iPhone 11 以降ではディスプレイの交換履歴、iPhone 12 以降ではカメラの交換履歴も確認できるようになる。

修理サービス時に Apple 純正の部品やツールが使われた場合は「Apple 純正部品」と表示され、修理サービスの実施日などを確認することも可能になる。一方、部品が正しく取り付けられていない場合や正常に機能していない場合のほか、非純正部品や別の iPhone に取り付けられていた部品に交換されている場合は「不明な部品」と 表示される。

サポート記事では純正部品を使った熟練技術者による修理の重要性が強調されている。 

スラドのコメントを読む | アップルセクション | ハードウェア | ハードウェアハック | アップル | iOS | iPhone

 関連ストーリー:
Apple、個人に修理部品を提供する「Self Service Repair」プログラムを日本などを除く多くの国や地域で発表 2021年11月20日
Apple、非認定修理業者がディスプレイを交換した iPhone 13 でも Face ID をブロックしない計画 2021年11月14日
Apple に iPhone 12 の修理を拒否されたうえに破壊された米男性、iPhone の代金分の少額訴訟を提起 2021年10月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード

関連記事