個別銘柄戦略:ANAHDや住友大阪セメントなどに注目

2021年11月26日 09:41

印刷

記事提供元:フィスコ


*09:41JST 個別銘柄戦略:ANAHDや住友大阪セメントなどに注目
25日の米国市場は祝日(感謝祭)で休場。大阪夜間取引の日経225先物は日中取引比10円安の29510円。26日早朝の為替は1ドル=115.30-40円(25日午後3時は115.38円)。本日の東京市場では、手掛かり材料が乏しいなか、昨日売られたレーザーテック<6920>、トヨタ自<7203>、キーエンス<6861>などの押し目買いが予想される。そのほか、転換社債の発行を発表したことで昨日急落したANAHD<9202>や、連れ安したJAL<9201>は、国内での経済活動再開期待が続いていることもあり、こちらも押し目買いが向かいそうだ。住友大阪セメント<5232>とシチズン<7762>は昨日大引け後にそれぞれ規模の大きい自社株買いを発表しており、本日の値上がりが期待できよう。《FA》

関連記事