前日に動いた銘柄 part2 光陽社、ニッチツ、グローバルWなど

2021年10月14日 07:32

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:32JST 前日に動いた銘柄 part2 光陽社、ニッチツ、グローバルWなど
銘柄名<コード>13日終値⇒前日比
ワッツ<2735> 801 -75
今期の大幅営業減益見通しをマイナス視。

住石HD<1514> 148 -14
石炭価格上昇で直近人気化の反動も強まる。

明治海運<9115> 737 -58
海運株安で子会社の固定資産譲渡を材料視した動きの反動も。

堺化学工業<4078> 2106 -182
株式売出による目先の需給悪化を警戒視。

日本ペイントホールディングス<4612> 1096 -84
業績下方修正で一転営業減益見通しに。

名村造船所<7014> 223 -15
海運株安などは逆風にも。

ローツェ<6323> 8490 -670
業績上方修正で12日に急伸の反動。

Robot Home<1435> 261 -17
リバウンド一巡感から見切り売りの動きが優勢にも。

マルマエ<6264> 1803 -97
決算発表後は徐々に出尽くし感も優勢に。

NSユナイテッド海運<9110> 3655 -215
海運株安につれ安する流れに。

太陽誘電<6976> 5670 -370
アップルが新型スマホシリーズ減産見通しと。

光陽社<7946> 2126 +400
ニッチツと同様に植島氏の大量保有銘柄として思惑物色。

ニッチツ<7021> 3310 +501
植島氏の大量保有など需給思惑が優勢の展開。

倉庫精練<3578> 535 +29
目立った材料ないが12日に続くストップ高に。

バイク王<3377> 1201 -60
戻り鈍く見切り売りが優勢に。

グローバルW<3936> 3410+501
11月3日を基準日として1株につき3株の割合で株式分割へ。

メディカルネット<3645> 648 +100
第1四半期は各利益段階で大幅増益を達成。

ヤプリ<4168> 4025 +190
新たに貸借銘柄に選定されたと発表。

リプロセル<4978> 258 +3
台湾Steminent社への追加出資を公表。

エーアイ<4388> 1141 -129
上期予想を下方修正、営業利益は0.60億円から0.43億円に引き下げ。

ANAP<3189> 345 +9
22年8月期は各損益段階で黒字浮上を見込む。

Sansan<4443> 12040 -30
国内証券で格上げ観測。

アジャイル<6573> 515 +11
ファンの登録・分析ツール「アンバサダープラットフォームスターター」提供。

リファインバスG<7375> 1650 +116
一時1717円まで上昇し、9月30日高値を突破。

リベロ<9245> 1992 +400
連日の急伸で上場来高値を突破。《FA》

関連記事