NY株式:NYダウ71ドル高、経済活動再開への期待再燃

2021年9月28日 07:00

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:00JST NY株式:NYダウ71ドル高、経済活動再開への期待再燃
米国株式市場はまちまち。ダウ平均は71.37ドル高の34869.37ドル、ナスダックは77.73ポイント安の14969.97で取引を終了した。世界のパンデミックの状況改善で、経済活動再開への期待が強まり、寄り付き後上昇。8月耐久財受注速報値が予想を上回ったほか、金利の上昇や原油高を受け、景気循環株の買いが目立ち、ダウは終日堅調に推移した。一方、金利の上昇でハイテク株は売られ、ナスダック総合指数は下落。セクター別ではエネルギー、銀行が上昇した一方、不動産が下落した。

エネルギー会社のマラソン・オイル(MRO)やオクシデンタル・ぺトロリアム(OXY)は原油高に連れ収益拡大期待にそれぞれ上昇。代替肉メーカーのビヨンドミート(BYND)はウォールマート(WMT)を含め一部小売りでの鶏肉代替肉の販売拡大を受けて買われた。一方で、携帯端末のアップル(AAPL)は中国の電力不足でサプライヤーが製造停止を強いられたとの報道を嫌気し下落。オンライン小売のアマゾン(AMZN)はアナリストの目標株価引き下げを受けて下落した。また、銀行のウエルズファーゴ(WFC)は為替サービスの不正を巡り司法省と制裁金370億ドル支払いで合意したとの報道を受け売られた。

Horiko Capital Management LLC《FA》

関連記事