リスクモンスターは後場一段高、BPO企業の孫会社化を機にした相場が再び動意強める

2021年9月27日 17:06

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■最高益基調の業績に一段と拍車がかかる可能性など期待

 リスクモンスター<3768>(東2)は9月27日の後場、一段と出直りを強め、14時30分にかけて8%高の1067円(78円高)まで上げる場面を見せて戻り高値を更新した。

 9月15日にBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)企業の孫会社化を発表し、株価は翌日から出来高を伴って断続的に上値を試す動きになり、27日は再び動意を強めて一段高。BPO企業の孫会社化を買い材料視する相場が一段と強まってきたとみられている。

 業績は好調で、連結純利益など連続最高を更新する見込み。このたび孫会社化する企業は株式会社シップス(東京都新宿区)で、これによりキャパシティとサービス提供範囲が拡大し、さらなる受注増加などが見込めるもよう。好業績に一段と拍車がかかる可能性などが期待されている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

【関連記事・情報】
【特集】「トリプル・ブルー」となった割安株、個人投資家の参戦余地は?(2021/02/01)
【編集長の視点】京阪神ビルは高値期日一巡を先取り業績上方修正・増配を買い直して反発(2021/03/16)
【小倉正男の経済コラム】米国はコロナ禍で起業ラッシュ、日本は?(2021/02/08)
朝日ラバーは調整一巡、22年3月期収益回復期待(2021/03/30)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事