日経平均テクニカル:3日ぶり急反発、終値5日線上に復帰

2021年9月24日 18:15

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:15JST 日経平均テクニカル:3日ぶり急反発、終値5日線上に復帰
24日の日経平均は3営業日ぶりに急反発した。ローソク足は窓を空けて上昇し、陽線で終了。終値は5日移動平均線や日足一目均衡表の転換線の上方に復帰して短期的な調整局面からの脱出開始を示唆した。一方、パラボリックが売りサイン点灯中のほか、新値三本足の陽転値(30670.10円)までは距離を残している。東証1部の騰落レシオ(25日ベース)が141.50%(22日は134.76%)に上昇し、過熱ラインの130%を9月10日以来9営業日連続で上回っており、下落圧力再燃のリスクにも留意したい。《FA》

関連記事