クスリのアオキ 急落、短中期的な収益性低下懸念で国内証券が格下げ

2021年9月22日 14:43

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:43JST クスリのアオキ---急落、短中期的な収益性低下懸念で国内証券が格下げ
クスリのアオキ<3549>は急落。SMBC日興証券は投資判断を「2」から「3」へ、目標株価は7600円から7400円に引き下げた。同社は従来から食品強化型だが、新中計で改めてフード&ドラッグへのコンセプト転換を強調。これについては、現在の郊外型ドラッグ&ストアに求められるワンストップ・ショッピングニーズには相応しいとしている。ただし、値引き勝負になりやすい食品強化ではローコスト経営が必須な一方、同社は人件費が嵩む調剤事業の強化も実施しており、やや相反する側面があると指摘。このため、中期的に営業利益率は従来比で低水準が継続するだろうと分析している。《YN》

関連記事