日経平均は137円高でスタート、昭和電工や川崎汽船などが上昇

2021年9月14日 09:29

印刷

記事提供元:フィスコ


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;30584.77;+137.40TOPIX;2105.79;+8.08


[寄り付き概況]

 14日の日経平均は137.40円高の30584.77円と3日続伸して取引を開始した。前日13日の米国株式市場はまちまち。ダウ平均は261.91ドル高の34869.63ドル、ナスダックは9.91ポイント安の15105.58で取引を終了した。与党民主党が独自の3.5兆ドル規模のインフラ・歳出法案の中で検討している法人税などの税率がバイデン大統領が提示した水準を下回ったため安心感が広がり、寄り付き後、上昇。先週の下落後、押し目買い意欲も強く、ダウは終日堅調に推移した。一方、ハイテク株は利益確定売りが続きナスダック総合指数は小幅安となった。

 今日の東京株式市場は買いが先行した。9月17日告示、29日投開票の自民党総裁選の候補予定者が打ち出す政策への期待感のほか、新型コロナの新規感染者数の減少やワクチン接種の進展による経済活動の正常化期待が引き続き買い手掛かり材料となった。また、昨日の海外市場で原油価格が上昇し、また、米株式市場でフィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)が上昇したことが、東京市場でエネルギー関連株や半導体関連株の株価支援要因となった。一方、引き続き相場の過熱感が意識されたことに加え、昨日の日経平均が2月16日につけた年初来高値(終値ベース)30467円に迫ったことで利益確定売りが出やすかったが、寄り付き段階では買いが優勢だった。

 セクター別では、保険業、石油石炭製品、鉱業、輸送用機器、非鉄金属などが値上がり率上位、その他製品、電気・ガス業、小売業、医薬品、パルプ・紙などが値下がり率上位に並んでいる。東証1部の売買代金上位では、昭和電工<4004>、川崎汽船<9107>、信越化<4063>、日立<6501>、エムスリー<2413>、東京海上<8766>、KDDI<9433>、ファナック<6954>、INPEX<1605>、丸紅<8002>、ホンダ<7267>、コマツ<6301>、ENEOS<5020>などが上昇。他方、JR西<9021>、キーエンス<6861>、任天堂<7974>、レノバ<9519>、アドバンテスト<6857>などが下落している。 《FA》

関連記事