シアトルに到着のアラスカ航空便、機内で携帯バッテリーが発火し緊急避難

2021年8月28日 16:28

印刷

記事提供元:スラド

シアトル・タコマ国際空港 (SEA) で23 日、ニューオリンズから到着したアラスカ航空 751 便の機内で火災が発生し、乗客・乗員が緊急避難する事態となったそうだ (SEA のツイートThe Seattle Times の記事GeekWire の記事The Verge の記事)。

当初 SEA では貨物室内で火災が発生したと説明していたが、のちに客室内での発生と訂正された。アラスカ航空によれば火災の原因は携帯電話のバッテリーであり、乗務員が耐火バッグで消火したが、煙により緊急脱出スライドが展開されたとのこと。負傷者は出ているものの、いずれも軽症だという。

シアトル港湾局によれば携帯電話本体は機種が識別できないほどまで焼けてしまっているが、乗客の一人が Samsung Galaxy A21 だと警察に証言したそうだ。ただし、焼け残ったデバイスで機種を確認したわけではないと強調したとのこと。

なお、海外モデルの Galaxy A21国内モデルとはディスプレイサイズから異なる全く別の端末だ。 

スラドのコメントを読む | モバイルセクション | ハードウェア | 電力 | 携帯電話 | 交通

 関連ストーリー:
シアトル・タコマ国際空港、保安検査を予約することで行列を不要にするパイロットプログラムを開始 2021年05月08日
ヴァージンオーストラリア航空、MacBook全モデルの預け入れを禁止 2019年08月30日
米航空会社、リチウムイオン電池内蔵スーツケースの預け入れと機内持ち込み禁止 2017年12月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード

関連記事