「漁港の肉子ちゃん」、LINEスタンプ登場

2021年6月14日 11:07

印刷

(c) 2021「漁港の肉子ちゃん」製作委員会

(c) 2021「漁港の肉子ちゃん」製作委員会 [写真拡大]

 お笑いタレント・明石家さんま(65)が企画・プロデュースしたアニメ映画「漁港の肉子ちゃん」(渡辺歩監督)で、有料LINEスタンプの配信が12日からスタートした。

【こちらも】「漁港の肉子ちゃん」主題歌「イメージの詩」映画版MV公開

 訳あって漁港の船に暮らす母娘、底抜けに明るいが男に騙されやすい肉子ちゃんと11歳のしっかり者キクコの、悲喜こもごもの生活を描くハートフルコメディ。直木賞作家・西加奈子氏の小説に惚れ込んださんまがアニメのプロデュースに初挑戦した。肉子ちゃんの声を女優でさんまの元妻、大竹しのぶが務めたことでも話題を呼んでいる。

 スタンプは、肉子ちゃんを始め、愛らしさタップリのキャラクターたちの豊かな表情を切り取った、劇中の世界観溢れる32種類。その中にさんまの「ファー」というセリフ付きのポーズというレア種もある。それぞれ生き生きとしたカットで、言葉の代わりに温かな気持ちを届けてくれそうな味のある作りが特徴的だ。価格は税込120円、もしくはLINE内通貨の50コイン。LINEアプリ内のスタンプショップかLINE Storeで購入できる。

 映画キャラクターのLINEスタンプ化は昨今、珍しくないが、今作の持ち味である散りばめられた笑いの種がふんだんに埋め込まれたスタンプは、言葉以上に家族や友人との会話を楽しく愉快にと盛り上げてくれそうだ。

 声優陣は他に、キクコ役をさんまと親交の深い、俳優・木村拓哉(48)と歌手・工藤
静香(51)の長女でモデルのCocomi(20)、大ヒットアニメ「鬼滅の刃」の炭治郎役などで人気の声優・花江夏樹(29)、タレントのマツコ・デラックス(48)ら、多彩な面々が参加している。(記事:斉藤蓮・記事一覧を見る

関連キーワード

関連記事