ルイヴィトン、日本の市松模様の商標審決で負ける

2021年6月11日 18:14

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 ルイヴィトンが、日本の昔からある市松模様の数珠袋の入れ物が、ルイヴィトンの国際商標登録に抵触するとして、京都府の神戸珠数店を相手取っていた商標審決で、ヴィトン側が負けていたことが分かった(判定2020-695001商標審決Twitter)。2020年8月1日に、ルイヴィトンから販売会社に対して商標の侵害に該当するとの通報があり、ルイヴィトンが商標の判定請求を行っていたという。判定では

 標章に係る模様は市松模様と称される日本古来の織模様である。

 として本件商標権の効力の範囲には属さないとの判定を下している。なおネットではルイヴィトンのダミエは日本の市松模様がヒントになっているはずとの指摘も出ている。実際そうした内容の記事も存在している(まとめ部ダイヤクリーニング)。

 あるAnonymous Coward 曰く、

 数珠屋vsLVの商標争い。
日本古来の市松模様のデザインを同社は知らなかったよう。そしてLVが敗訴した。

商品「珠数入れ、経本入れ、御朱印帳入れ等の袋物」に使用するイ号標章(市松模様)は、国際登録第952582号商標の商標権の効力の範囲に属しない。

  情報元へのリンク

 スラドのコメントを読む | YROセクション | 法廷 | パテント | 変なモノ

 関連ストーリー:
「バニラ求人」の音楽、商標登録されてたことが判明 2021年05月10日
「クイックソート」が商標登録されていた 2021年04月12日
英高等法院、AppleはSwatchに商標「ONE MORE THING」の使用をやめさせることはできないと判断 2021年04月01日
Amazon、1月に変更したアプリの新アイコンをさらに変更 2021年03月05日
洋梨のロゴをめぐるAppleとPrepearの商標争い、Prepearが葉の形を変えることで和解へ 2021年02月12日
「人の金で焼肉食べたい」が第三者に商標登録される 2021年01月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告