豪連邦警察、FBIが運営する組織犯罪専用暗号化通信アプリで犯罪組織を摘発

2021年6月10日 18:10

印刷

記事提供元:スラド

headless 曰く、 オーストラリア連邦警察(AFP)は8日、組織犯罪限定で用いられる暗号化通信を読み取る特別作戦「Operation Ironside」により、224人を逮捕したと発表した(メディアリリースThe Registerの記事Neowinの記事BBC Newsの記事)。

Operation Ironsideは米連邦捜査局(FBI)との協力により3年前から行われていたという。AFPとFBIは犯罪組織が用いる暗号化通信プラットフォームを共同で摘発しており、その過程でFBIは「AN0M」と呼ばれる暗号化通信アプリを入手してひそかに運営を始めたそうだ。

AN0Mは機能を制限した携帯電話にインストールして闇市場で取引されており、摘発により競合の暗号化通信プラットフォームが減少する中、犯罪者の間で人気を博していた。しかし、犯罪者はAFPをポケットに入れているのも同然であり、AFPは2018年以降、3.7トンの麻薬や4,493万豪ドルの現金などを押収しているとのことだ。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | 犯罪 | オーストラリア | セキュリティ

 関連ストーリー:
警察庁、SMS認証の代行業者の取締まり強化を全国の警察に指示 2021年04月23日
PUBGのチートツールを販売していたグループが摘発される、51億円の資産を押収 2021年04月02日
警察庁、サイバー攻撃に関する統計を発表。コロナ禍便乗やランサムウェア関連など 2021年03月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードオーストラリアFBI

関連記事