USB Type-C規格が更新 USB PDに48V・5Aで240W流せるEPRモード追加へ

2021年5月29日 10:46

印刷

記事提供元:スラド

USB規格推進団体「USB-IF」は25日、USB Type-C規格をRevision 2.1に更新した。2.1では新たに48Vの電圧を追加しており、これによりUSB Type-Cで供給できる電力が100Wから240Wにまで向上した(USB-IF仕様書PC WatchCNETEngadget)。

現行のUSB Type-CおよびUSB PDの規格では、最大で20V/5Aの100V充電に対応しているが、2.1ではExtended Power Range (EPR) と呼ぶ48V/5Aの240W充電規格が設定された。これにより、現時点では対応の難しいゲーミングノートPCなどの駆動にもUSB Type-Cケーブル1本で給電可能になると期待されている。なお240W給電に対応するためには対応するケーブルを用意する必要。今回、EPR対応ケーブルが策定されたことにより、既存の100Vまで対応した5Aケーブルは廃止されるとのこと。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | ニュース | 電力 | アナウンス

 関連ストーリー:
USB PD用チップを提供するメーカーによる「世界中のACアダプタ接続端子をUSB化」という野望 2019年01月21日
超小型電源アダプタ「Dart」は汎用的なACアダプタになるか 2017年11月04日
Google曰く、Androidでサードパーティ製の高速充電技術は使うな 2016年11月16日
USB Type-Cに認証機能を加える仕様がアナウンスされる 2016年04月17日
VESA、CESでUSB Type-CからのDisplayPort出力をデモ 2015年01月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードUSB Type-C

関連記事