映画『ココ・シャネル 時代と闘った女』ココ・シャネルの生涯と実像に迫る最新ドキュメンタリー

2021年5月25日 08:44

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 シャネル(CHANEL)の創業者、ココ・シャネルのドキュメンタリー映画『ココ・シャネル 時代と闘った女』が、2021年7月23日(金)よりBunkamura ル・シネマ他にて公開される。

■実証に基づいたココ・シャネルの最新ドキュメンタリー

 2021年はココ・シャネル没後50年あたり、アイコニックなシャネルの香水「No.5」誕生100年を迎える。映画『ココ・シャネル 時代と闘った女』は、ココ・シャネルの生涯と実像に迫った最新ドキュメンタリーだ。

 これまでココ・シャネル自身により、また評伝や映画などで虚実ないまぜの様々な物語が語られてきたが、それらの多くは、沈黙の謎が確証を持って暴かれる2011年以前の物語。『ココ・シャネル 時代と闘った女』では、実証を踏まえた上でシャネルとは誰だったのか、そして、何と闘ったのかを描き出す。

■女性を因習から解放した“皆殺しの天使”

 ココ・シャネルは第一次世界大戦後、かつての19世紀の女性像を葬り去り、ファッションによって女性を因習から解放したことで「皆殺しの天使」とまで称された。

また、ピカソ、ストラヴィンスキー、ディアギレフ、コクトーなどの芸術家、チャーチルやウィンザー公などの政治家、王侯貴族との交流、幾多の恋を通じて得たインスピレーションと人脈を駆使し、女性史上初の世界的実業家としてモードの帝国を築き上げる。

■10年間の沈黙と劇的な復活

 ところが、ナチスドイツによるパリの占領が解けた1944年、ココ・シャネルは拠点のパリを出てスイスへ。以後、70歳の劇的なカムバックを遂げる1957年まで、10年あまりもの間沈黙を続けた。彼女はなぜ10年沈黙し、その後復活を遂げたのか――。毀誉褒貶が激しく、多面的で孤独なココ・シャネルの生き様を追う。

【詳細】
映画『ココ・シャネル 時代と闘った女』
公開日:2021年7月23日(金)
監督:ジャン・ロリターノ
脚本:ジャン・ロリターノ
ナレーション:ランベール・ウィルソン
字幕:松岡葉子
フランス/2019/55分

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードシャネル

関連記事