ジェイエスエスは新型コロナ影響で22年3月期予想未定、株価は下値限定的

2021年5月16日 08:50

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

(決算速報)  ジェイエスエス<6074>(JQ)は5月14日の取引時間終了後に21年3月期業績を発表した。新型コロナウイルスの影響で減収減益・最終赤字だったが、営業利益と経常利益は従来予想に対して上振れ着地した。22年3月期は新型コロナウイルスの影響が不透明なため未定としている。収益回復を期待したい。株価は年初来高値圏から反落したが大きく下押す動きは見られない。目先的には業績予想未定を嫌気する可能性もあるが下値限定的だろう。

■21年3月期営業・経常減益だが上振れ着地、22年3月期予想未定

 21年3月期の業績(非連結)は、売上高が20年3月期比23.4%減の64億94百万円、営業利益が78.2%減の81百万円、経常利益が77.0%減の90百万円、当期純利益が特別損失の計上で4億40百万円の赤字(20年3月期は1億85百万円の黒字)だった。

 新型コロナウイルスに伴う臨時休業や在籍会員数減少で減収減益だったが、コストコントロール徹底、本社部門の効率化による労務費削減などで営業利益と経常利益は従来予想に対して上振れ着地した。期末合計会員数は7.0%減の9万329人(子供が6.5%減の8万331人、大人が11.3%減の9998人)となった。なお特別利益に助成金収入1億84百万円、特別損失に減損損失2億68百万円、新型コロナウイルス感染症による損失5億22百万円を計上した。

 四半期別に見ると、第1四半期は売上高9億41百万円で営業利益6億56百万円の赤字、第2四半期は売上高18億22百万円で営業利益5億71百万円、第3四半期は売上高19億22百万円で営業利益1億59百万円、第4四半期は売上高18億09百万円で営業利益7百万円の黒字だった。

 22年3月期の業績(非連結)予想は、新型コロナウイルスの影響が不透明なため未定としている。なお新規施設については、既存施設の新築移転を含めて2店舗程度の開設を計画している。収益回復を期待したい。

■株価は下値限定的

 株価は年初来高値圏から反落したが大きく下押す動きは見られない。目先的には業績予想未定を嫌気する可能性もあるが下値限定的だろう。5月14日の終値は529円、時価総額は約21億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【特集】マーケットのさらなる流動化の享受を期待して証券株、続いて地銀株にも注目(2021/01/25)
日本エム・ディ・エムは21年3月期減収減益予想だが上振れ余地(2021/03/09)
トシン・グループは下値切り上げ、21年5月期は後半挽回期待(2021/03/09)
フェローテックホールディングスは高値更新の展開、22年3月期も収益拡大基調(2021/03/09)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告