14日のNY市場は続伸

2021年5月15日 08:08

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;34382.13;+360.68Nasdaq;13429.98;+304.99CME225;28310;+270(大証比)

[NY市場データ]

14日のNY市場は続伸。ダウ平均は360.68ドル高の34382.13ドル、ナスダックは304.99ポイント高の13429.98で取引を終了した。長期金利の低下で、寄り付き後、上昇。疾病対策センター(CDC)がワクチン接種後の新指針としてマスク不要と決定したことに加えて、運輸保安局(TSA)が空港利用者数がパンデミック以降で最高に達したと発表したことを背景に、経済活動再開ペースの加速を期待した買いに拍車がかかった。セクター別では、半導体・同製造装置、エネルギーが大きく上昇した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比270円高の28310円。ADR市場では、対東証比較(1ドル109.35円換算)で、ソフトバンクグループ<9984>、ファーストリテイリング<9983>のほか、みずほFG<8411>、荏原<6361>、日本精工<6471>などを筆頭に全面買い優勢の展開となった。《YN》

関連記事

広告