マクドナルド 大幅反発、第1四半期決算をストレートに好感/新興市場スナップショット

2021年5月14日 12:59

印刷

記事提供元:フィスコ


*12:59JST <2702> マクドナルド 5080 +120
大幅反発。21年12月期第1四半期(21年1-3月)の営業利益を前年同期比19.7%増の92.30億円と発表している。テイクアウトやドライブスルー、デリバリーが伸び、利益が拡大した。既存店売上高は22四半期連続のプラス。通期予想は前期比2.3%増の320.00億円で据え置いた。進捗率は28.8%に達しており、第1四半期の好調なスタートが評価されて買いが入っているようだ。《TY》

関連記事