Clubhouse、4月のダウンロード数は2月の10分の1にまで減少

2021年5月8日 17:16

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

話題となった音声SNSのClubhouseだが、アプリの4月のダウンロード数が3月比で66%ほど減っているそうだ。Sensor Towerの調査によるもので、2月は960万件のダウンロードがあったのに対して3月は270万件に、4月に関しては92万2000件にまで減少しているとのこと。人気が下り坂とする見方も出ているようだ。ただSensor Towerは4月のユーザー数の伸びは減少しているものの、既存ユーザーの利用率は維持されているとしている(Business InsideriPhone Mania)。

なおClubhouseアプリは現在、iOS版のみ提供されているが、5月2日にAndroid版アプリのベータ版を一部ユーザー向けに提供を開始したと発表している。Engadgetの記事などによると、Twitterも600人以上のフォロワーがいるTwitterアカウント向けに5月3日から「Space(スペース)」機能を提供している。またFacebookも競合する音声SNSの提供を進めていることから、シェアを取られないように急ピッチでAndroid版の開発が進められている模様(ClubhouseリリースEngadget)。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | IT | SNS

 関連ストーリー:
オーディオチャットアプリClubhouse、中国でアクセス不能に 2021年02月10日
イーロン・マスク、思考で機器を操作する技術の経過報告。猿がゲームプレイできる? 2021年02月04日
話題の音声SNS「Club house」、匿名でSNSを利用している場合は登録に注意 2021年02月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告