Twitter、アプリ上で縦長画像のサムネイル表示に対応へ

2021年5月8日 17:14

印刷

記事提供元:スラド

Twitterは6日、iOSとAndroidアプリ上で縦長の画像を投稿しても、サムネイルを切り取らずにそのまま表示するように仕様を変更した。この機能は以前から試験的に導入されていたもの。ただし、すべての画像においてフル表示されるわけではなく9:16や1:2などの比率の場合は、従来通り一部がカットされた状態になることもあるようだ。また2〜4枚と画像を複数投稿した場合も、従来通り横長になるように表示されるとしている(Twitterサポート公式マイナビImpress Watch)。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | Twitter | IT

 関連ストーリー:
Twitter、画像をクロップせずにタイムライン表示する機能をAndroidとiOSでテスト中 2021年03月13日
Twitter、明るい肌色優先が話題になった画像自動クロップで投稿者の選択肢を増やすなどの改善を計画 2020年10月06日
Twitterの画像自動クロップ表示機能、明るい肌色が優先されると話題に 2020年09月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードTwitter

関連記事