【株式市場】朝方は「宣言」延長で重いがNY最高値など好感され日経平均は一時118円高まで上げ堅調

2021年5月7日 13:51

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

日経平均は2万9414円00銭(82円63銭高)、TOPIXは1935.60ポイント(8.20ポイント高)、出来高概算(東証1部)は5億7298万株

日経平均は2万9414円00銭(82円63銭高)、TOPIXは1935.60ポイント(8.20ポイント高)、出来高概算(東証1部)は5億7298万株[写真拡大]

◆日経平均は2万9414円00銭(82円63銭高)、TOPIXは1935.60ポイント(8.20ポイント高)、出来高概算(東証1部)は5億7298万株

 5月7日(金)前場の東京株式市場は、緊急事態宣言の延長を今日決定と伝えられ、三越伊勢丹HD<3099>(東1)は取引開始後すぐに軟化。一方、日清製粉G<2002>(東1)などは高く、NY株最高値などを受け鉄鋼、海運などは次第に強含んだ。日経平均は小安く始まったが、10時10分過ぎには118円49銭高(2万9449円86銭)まで上げ、前引けも堅調だった。

 マークラインズ<3901>(東1)が6日発表の四半期決算など好感されストップ高。ノジマ<7419>(東1)は本決算などが好感され活況高。Jトラスト<8508>(東2)はシンガポールでの実質勝訴と損害額の回収などが材料視され値上がり率上位。交換できるくん<7695>(東マ)は「グリーン住宅ポイント」申請代行サービス開始の効果など再評価とされ出直り拡大。シンクレイヤ<1724>(JQS)は業績予想の増額を受け2日連続ストップ高。

 東証1部の出来高概算は5億7298万株、売買代金は1兆1916億円。1部上場2191銘柄のうち、値上がり銘柄数は1784銘柄、値下がり銘柄数は341銘柄。

 また、東証33業種別指数は27業種が値上がりし、保険、海運、食料品、倉庫/運輸、パルプ/紙、卸売り、などが高い。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
エイトレッドは調整一巡、21年3月期上振れ余地(2021/03/16)
シナネンホールディングスは上値試す、21年3月期上振れ余地(2021/03/16)
日本エンタープライズは下値切り上げ、21年5月期増収増益予想(2021/03/16)
【小倉正男の経済コラム】「コロナ後」~米国はインフレ懸念、日本はデフレ懸念という対照(2021/03/21)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事