【市場反応】米3月貿易赤字が拡大、過去最大を記録、ドル売り優勢

2021年5月4日 22:03

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*22:03JST 【市場反応】米3月貿易赤字が拡大、過去最大を記録、ドル売り優勢
米商務省が発表した3月貿易収支は-744億ドルとなった。赤字幅は2月705億ドルから拡大し、統計が開始された1992年来で最大となった。


貿易赤字の拡大が1-3月期GDPにマイナスに寄与するとの見方に米国債相場は反発。10年債利回りは1.62%から1.59%まで低下し、ドル売りが優勢となった。ドル・円は109円30銭から109円07銭まで下落した。ユーロ・ドルは1.2015ドルから1.2030ドルまで強含み推移した。

【経済指標】
・米・3月貿易収支:-744億ドル(予想:-744億ドル、2月:-705億ドル←-711億ドル)《KY》

関連記事

広告