kZmの新曲「叫悲」KMプロデュース、エレクトリカル&エモーショナルな1曲に

2021年5月2日 17:13

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 kZm(カズマ)の新曲「叫悲(さけび)」が、2021年4月30日(金)に配信リリース。

 kZmは、ヒップホップクルー・YENTOWNに所属する日本のラッパー。2018年にアルバム『DIMENSION』でソロデビューを果たし、その後BIMやTohjiといった国内の若手ラッパーたちとのコラボレーションソングでも話題に。2021年には大手レーベル“アトランティック/ワーナー ミュージック ジャパン(Atlantic/Warner Music Japan)”から楽曲「Aquarius Heaven」をリリースするなど更に活動の勢いを増している。

 そんなkZmが新曲「叫悲」をリリース。様々な国内ヒップホップアーティストへの楽曲提供で知られるKMがプロデュースした楽曲となっており、エレクトロの要素も含んだトラックはkZmのボーカルと共にエモーショナルな仕上がりとなっている。

 なお、楽曲リリースと同時にミュージックビデオも公開。こちらも併せてチェックしてみて。

【詳細】
kZm 新曲「叫悲」
リリース日:2021年4月30日(金)

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードコラボレーション

関連記事

広告

財経アクセスランキング