ローソン、デリバリーサービス「ウォルト」を都内で導入 4月28日から

2021年4月27日 18:04

印刷

ウォルトのサービスイメージ(ローソン発表資料より)

ウォルトのサービスイメージ(ローソン発表資料より)[写真拡大]

 コンビニエンスストア大手のローソンは、ウォルトジャパンが運営する北欧フィンランド発のデリバリーサービス「ウォルト」を、4月28日から東京都港区芝浦の芝浦海岸通店や、中央区銀座の銀座二丁目店など、都内のナチュラルローソン13店に導入する。「ウーバーイーツ」、「フードパンダ」に次ぐ3つ目のデリバリーサービス導入で、デリバリーサービス導入店はこれで全国1,569店となる。

【こちらも】「本」に「医薬品」 飲食以外にも広がるデリバリー

 ウォルトはフィンランドの発祥で、世界23カ国160都市以上で事業展開している。「おもてなし」をコンセプトとし、適性試験を通過した配達パートナーが自宅や指定場所に商品を配達している。ローソンでのサービス時間は午前9時から翌日午前0時まで。弁当やおにぎり、飲料、酒類など約400品目が取扱対象となる。

 ローソンは2019年8月、日本のコンビニで初めてウーバーイーツの導入を都内4店で開始し、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて2020年8月に全国1,000店に拡大した。さらに、2020年11月には札幌市と福岡市でフードパンダを導入している。

 ウォルトがフィンランドで食品だけでなく、雑貨や家具などの配達をし、女性に多く利用されていることから、女性の利用が多いナチュラルローソンと親和性が高いとみて、3つ目のデリバリーサービスとして導入することになった。

 新型コロナは東京都、京都府、大阪府、兵庫県で3度目の緊急事態宣言が発令されるなど、終息の兆しを見せていない。このため、今後も感染防止の観点からデリバリー需要がさらに高まるとみられる。ローソンは7月末までにデリバリーサービス導入店を全国2,000店に広げる方針。

 5月中旬からは、東京都及び千葉と埼玉の両県で、ウーバーイーツを通じて持ち帰りたい商品を予約注文するサービスも始める。(記事:高田泰・記事一覧を見る

関連キーワード

関連記事