東京・大阪など4都府県に「緊急事態宣言」

2021年4月26日 08:37

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 菅義偉総理は23日、東京・大阪・京都・兵庫の4都府県に25日から新型コロナウイルス感染症の「緊急事態宣言」を発出するとした。5月11日まで。

 またまん延防止等重点措置についても、新たに愛媛県で実施。宮城県、沖縄県に関しても5月11日までの期間を対象とするとした。

 そのうえで、菅総理は「今回の緊急事態宣言はゴールデンウィークの短期集中対策として、飲食対策を強化するとともに、一旦、人の流れを止めるための強力な措置を講じるもの」と狙いを語った。

 具体的には(1)飲食店に酒類やカラオケの停止を要請(2)デパートやテーマパークなどに休業を要請(3)イベントやスポーツは原則無観客を要請する。またテレワークや大型連休中の休暇取得促進などで出勤者の7割削減を目指すとした。

 一方、こうした措置により事業者への影響が大きいことを踏まえ、菅総理は「資金繰りなど大きな影響が出ている飲食、宿泊に加え、今回の対象となる小売や文化関係などについても、返済猶予や新規融資を積極的に行うよう、関係省庁から速やかに徹底をお願いする」としたほか「飲食店や休業要請に応じた大規模施設、売上が減少した事業者には協力金や一時金を支給する」措置をとるとした。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
規模別「協力金」、規模別格差解消できず。他業種との不公平感も課題
緊急事態なら移動制限・営業停止もと福山幹事長
「バー、スナック」、あきらめ倒産が急増。前年の3倍超。三密回避で常連客戻らず

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード菅義偉ゴールデンウィーク新型コロナウイルス

関連記事