NY金:大幅反発で1766.80ドル、米長期金利低下で調整的な買いが増える

2021年4月16日 07:30

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:30JST NY金:大幅反発で1766.80ドル、米長期金利低下で調整的な買いが増える
NY金先物6月限は大幅反発(COMEX金6月限終値:1766.80 ↑30.50)。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は、前営業日比+30.50ドルの1オンス=1766.80ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは、1734.40ドル−1770.60ドル。米長期金利の低下を意識してポジション調整的な買いが増えたことが要因。米国株式の上昇は長期金利低下によるものであり、特に嫌気されなかったようだ。《FA》

関連記事

広告

財経アクセスランキング