日経平均は34円安で始まる、円高、NY株はS&P500種が最高値を更新、ダウは68ドル安

2021年4月14日 09:10

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 4月14日(水)朝の東京株式市場は、日経平均が33円55銭安(2万9718円06銭)で始まった。米金利の低下を受け円相場が1ドル108円に迫る円高となっている。

 新型コロナの再拡大傾向を受け、愛知、埼玉の両県も「まん延防止当等重点措置」を要請する方針と伝えられた。

 NY株式はダウが小幅安となったがS&P500種とNASDAQ総合指数は反発し、S&P500は2日ぶりに最高値を更新。ダウは68.13ドル安(3万3677.27ドル)。

 シカゴの日経平均先物は2万9830円となり、東京市場13日の日経平均の終値より80円ほど高い。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】リョーサンは業績上方修正を見直して割安自動車関連株買いが再燃し反発(2021/03/04)
【小倉正男の経済コラム】米国ゲームストップ株事件:個人投資家VSファンド(2021/02/04)
綿半ホールディングスは反発の動き、21年3月期利益予想は3回目の上振れの可能性(2021/03/16)
ゼリア新薬工業は上値試す、21年3月期営業・経常利益上振れの可能性(2021/03/16)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告