NY外為:ユーロ買い優勢、ECB、国債購入縮小の用意も、条件が満たされた際

2021年4月9日 00:45

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*00:45JST NY外為:ユーロ買い優勢、ECB、国債購入縮小の用意も、条件が満たされた際
NY外為市場ではユーロ買いが再燃した。欧州中央銀行(ECB)は3月理事会議事要旨で、もし、条件が満たされれば、資産購入を縮小する用意があるとした。また、新型コロナウイルス感染が収束せず、再度ロックダウン入りしたことなどから景気回復の遅れも懸念されていたが、同時に、ワクチン接種ペースが加速していることが明らかになり、悲観的な見通しが後退しつつある。

ユーロ・ドルは1.1870ドルから1.1910ドルまで上昇後も、1.1900-05ドルで高止まり。ユーロ・円は129円57銭の安値から130円00-05銭まで上昇した。
ユーロ・ポンドは0.8630ポンドから0.8670ポンドまで上昇し、ほぼ1カ月ぶり高値を更新。《KY》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
  • 2021年シーズン カラーリングマシン(本田技研工業の発表資料より)
  • ©Bernardo Ramonfaur/123RF.COM
  • ジャイロ e:(ロスホワイト)(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース