国際 RSS

 

カプリソーネ早飲み、ギネス世界記録は16秒65

2021年3月29日 07:24

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

すごいのかどうかわからない記録も多数認定されているギネス世界記録だが、カプリソーネの早飲み記録は20歳の英男性が保持する16秒65となっている(Guinness World Records - Fastest time to drink a Capri SunThe Lincolniteの記事FOODBEASTの記事Food & Wineの記事)。

カプリソーネはパウチ入りの果汁飲料で、添付のストローを突き刺して飲む。元は「Capri-Sonne」というドイツ語の名前で、かつて日本で発売されていた製品は「カプリソーネ」と呼ばれていたが、現在はドイツを含む世界各地の市場で「Capri-Sun」という英語の名前に変更されている。

タイトル保持者のDeclan Evans氏は昨年のCOVID-19ロックダウン中、退屈のあまり記録に挑戦。カプリソーネは子供時代を思い出させる懐かしい飲み物であり、あまり注目されていない記録であることから容易にタイトルが取れると考えたようだ。ギネス世界記録では未挑戦の記録に認定の最低ラインが設けられており、この記録の場合は市販の200ml入りカプリソーネを18秒程度で飲み干すというものだったという。

200mlを18秒で飲み干すのは難しくなさそうだが、ルールではパウチに貼り付けられているプラスチックフィルム入りのストローを取り出すところから計測が始まるため、あまり時間に余裕はない。Evans氏は繰り返し挑戦してようやく18秒を切ることができたとのこと。

それでも驚くほど早い記録でないことは本人も認めており、記録は確実に破られるだろうと述べているそうだ。ギネス世界記録のページにはもっと速く飲めたというコメントが複数付けられているが、ルールを把握しているのかどうかは不明だ。スラドの皆さんが子供時代を思い出す懐かしい食べ物や飲み物にはどんなものがあるだろうか。 

スラドのコメントを読む | idleセクション | idle

 関連ストーリー:
リリースから36年、ワム!の「ラスト・クリスマス」が初の英シングルチャート1位に 2021年01月06日
電気自動車に改造したアイスクリーム販売車、時速118.964kmで走行してギネス世界記録に認定される 2020年08月23日
人類はまだ食べられる!10分間で食べられるホットドッグの理論値は84本 2020年07月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードギネス世界記録

関連記事

広告