YouTuberの男ら4人、動画目的で大麻密売人を呼び出し書類送検へ

2021年3月26日 08:07

印刷

記事提供元:スラド

動画を撮影する目的で大麻密売人を呼び出し、摘発される様子を中継したとして大阪府警港署は23日、YouTuberの男らを大麻取締法違反で書類送検されたそうだ(NHK時事ドットコム共同通信)。

書類送検されたのは20~30代の4人。YouTuberらは昨年8月、大阪市港区のJR弁天町駅前で密売人と待ち合わせたという。このとき密売人に大麻を所持させた疑いから、警察は大麻を持参させた行為を営利目的所持の教唆と判断したとしている。本人らは容疑を認めているとのこと。共同通信によると大阪府警港署は起訴を求める「厳重処分」の意見を付けたとしている。このYouTuberグループらの情報に関しては、東スポの記事が詳しい(東スポ)。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | 犯罪 | idle | YouTube | IT

 関連ストーリー:
Linus Sebastian氏、NVIDIAのマイニング対策を「ゲーマーをかばうフリをしている」と批判 2021年02月26日
インテルが「MacにできないことがPCにできる」というツイートキャンペーンを展開 2021年02月15日
ASUS×ホロライブのコラボ配信が中止に。中国からの脅迫・圧力が影響か 2020年12月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード大阪府YouTube大麻

関連記事