Twitter、画像をクロップせずにタイムライン表示する機能をAndroidとiOSでテスト中

2021年3月14日 17:26

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Twitterは11日、投稿する画像がどのようにタイムラインに表示されるかを編集画面のプレビューで確認できるようにする機能をAndroid/iOSアプリでテストしていることを発表した(Twitter SupportのツイートThe Vergeの記事Mac Rumorsの記事Neowinの記事)。

Twitterでは投稿された画像がタイムラインで大きな場所を占めないよう、自動でクロップ表示する機能を備えている。しかし、クロップ時に明るい肌色が優先されることが話題になったことを受け、クロップ方法の選択肢を広げるなどの対策を行う計画が示されていた。現在テストされているのは、画像を1点のみ投稿する場合のみに適用されるものだという。これにより、縦長の画像もクロップなしで表示されるようだ。また、Android/iOSでは4K画像の投稿・表示機能もテスト中とのことだ。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | 人工知能 | Twitter | スラッシュバック | IT

 関連ストーリー:
Twitter、明るい肌色優先が話題になった画像自動クロップで投稿者の選択肢を増やすなどの改善を計画 2020年10月06日
Twitterの画像自動クロップ表示機能、明るい肌色が優先されると話題に 2020年09月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードTwitteriOSAndroid

関連記事

広告