ライフ RSS

 

英語の発音が劇的にスムーズになる「分割発音法」とは?

2021年2月27日 09:48

小

中

大

印刷

 英語の発音は日本人にとって永遠のテーマともいえるかもしれない。昨今はアプリなどで簡単に発音を確認できるようになったが、それでも中々上手くならないと感じている人もいるだろう。今回はそんな人に、とっておきの発音勉強方法「分割発音法」をご紹介しよう。

【こちらも】英語を話せる日本の有名ビジネスパーソン6人

■分割発音法とは

 分割発音法とは、あるセンテンスを単語毎に分割して発音練習し、それをブロック単位にして、最終的にセンテンスを全てつなげて発音する練習方法だ。

■具体的な方法

 例として「That’s what I’m talkin’ about」というセンテンスで具体的に説明しよう。まずは単語毎に発音する。つまり「That’s(that / is) / what / I’m (I / am) / talking / about」の5つに区切ってそれぞれを発音する。

 ここで1つ1つの単語の発音を確認しておこう。次に「That’s / what I’m / talkin’ about」の3つのセクションにわける。この際に「What I’m」が「watam」、「talking about」が「talkinabou」という発音になるように心がけることが重要だ。

 そして「That’s what I’m / talkin’ about」の2つにわける。ここまでできればゴールは近い。最後は全体を通して発音する。

■分割発音法のメリット

 分割発音法には2つのメリットがある。1つ目は英語特有の単語と単語がつながった時の音を学べること。例えば上記の例文であれば「What+I」で「Whatai」となり、「Talkin’+ about」で「Talkinabou」というように発音される部分がそれである。「T」や「G」の音が発音されず次の音につながっているが、分割発音法によってそれを自然に体得することができる。

 2つ目はブロックで覚えることで、単語ではなくまとまりで英単語を覚えることができるということ。「talk about」「work on」「that’s what~」などそれぞれの単語よりはフレーズで覚えた方が英会話には効果的である。

■練習してみよう

 以下は海外ドラマ「Suits」のワンシーンからハービー・スペクターのセリフだ。「I got him a job on a sliver platter. And he threw it in my face! (彼に仕事を取ってきてやったのに突き返しやがった!)」

 ポイントは「got him / a job / on a sliver platter」「and he / threw it in / my face (もしくは threw it / in my face)」にわけること。最初は単語毎に発音しポイントの部分をつなげて発音するようにするのがコツだ。

 上記のような一見長いセンテンスも「分割発音法」を使うと意外とすんなり覚えられるはずだ。是非自身の英会話勉強に取り入れてみてはいかがだろうか。(記事:newpowersoul・記事一覧を見る

関連キーワード英会話

関連記事

広告