東京為替:日経平均3万円割れで円売り抑制も

2021年2月24日 09:39

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*09:39JST 東京為替:日経平均3万円割れで円売り抑制も
24日午前の東京市場でドル・円は、105円30銭近辺で推移。米国株式の反転を意識してリスク回避的な円買いはやや抑制されているようだ。ただ、日経平均は3万円の大台を下回っており、目先的には株安を意識した相場展開となる可能性がある。ここまでの取引レンジは、ドル・円は105円19銭から105円33銭で推移、ユーロ・円は127円77銭から128円01銭で推移、ユーロ・ドルは1.2143ドルから1.2157ドルで推移している。

・NY原油先物(時間外取引):高値61.46ドル 安値61.16ドル 直近61.22ドル

【売買要因】
・米追加経済対策案成立への期待持続
・米長期金利の上昇
・米増税観測《MK》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース