緊急事態宣言「前倒し解除」でKNT-CTホールディングスなど観光・旅行関連株が軒並み高い

2021年2月24日 09:29

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■関西・中京5府県について26日決定と伝えられる

 KNT-CTホールディングス<9726>(東1)は2月24日、出直りを強めて始まり、取引開始後は1168円(51円高)まで上げて2月18日につけた高値1231円に迫っている。大阪・京都・兵庫などの緊急事態宣言の前倒し解除、イスラエルやイギリスでの新型コロナワクチンの効果、などが材料視されている。

 23日から24日にかけて、緊急事態宣言の前倒し解除に関する報道が相次ぎ、「緊急事態宣言、関西・中京5府県、解除可能と判断の場合、26日決定」(NHKニュースWEB2月24日4時01分)で本決まりとの見方が出ている。

 日本航空<9201>(東1)なども含め、観光・旅行関連株は軒並み高となっている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【注目銘柄】ロードスターは年初来高値に肉薄、海外不動産ファンド進出報道でバリュー株買いが再燃(2020/10/14)
【編集長の視点】AMBITIONは増益転換業績の確認を1Q決算開示時に期待して続伸(2020/10/21)
【注目銘柄】トーメンデバイスは決算発表を先取りし割安ハイテク株買いが再燃し急反発(2020/10/07)
【編集長の視点】綿半HDは分割落ち後安値も2Q決算発表を先取り巣ごもり関連株買いの好機(2020/10/13)
【注目銘柄】日電子材料は2Q決算発表を前に割安ハイテク株買いが再燃し反発(2020/10/20)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告