NY原油:続落、石油精製施設閉鎖の影響強まる

2021年2月20日 07:01

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:01JST NY原油:続落、石油精製施設閉鎖の影響強まる
NYMEX原油4月限終値:59.26 ↓1.27

19日のNY原油先物4月限は続落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物4月限は、前営業日比-1.27ドルの59.26ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは58.60ドル−60.32ドル。石油精製施設の閉鎖は1週間程度続くと予想されていることや、テキサス州の油井の一部で原油生産が再開されていることなどが材料視されているようだ。《MK》

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ルノー・トゥインゴ バイブス(画像: ルノー・ジャポン発表資料より)
  • マクラーレン・アルトゥーラ(画像: マクラーレン・オートモーティブ発表資料より)
  • 新型「アウトランダー」(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • トヨタの燃料電池大型商用トラックの新型プロトタイプ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 123rf
  • マツダ・フレアクロスオーバー「HYBRID XT SPECIAL」(画像: マツダ発表資料より)
  • Photo:GAZOO Racing 86/ BRZ Race
 

広告

ピックアップ 注目ニュース