Apple、省電力モードになり充電されなくなったApple Watch Series 5/SEを無償修理

2021年2月18日 08:13

印刷

記事提供元:スラド

headless 曰く、 Appleは15日、watchOS 7.2/7.3を搭載するApple Watch Series 5/SEが省電力モードになった後に充電されなくなる事例がごく少数報告されているとして、対処方法を公開した(HT212180Mac Rumorsの記事SlashGearの記事Mashableの記事)。

この問題が発生しているApple Watchでは充電器の上に置いて30分以上待っても充電されないという。このような問題が発生した場合は、Appleサポートに連絡すれば無償修理が受けられる。先日発表されたMacBook Proのバッテリー無料交換と同様、Apple 修理サービスプログラムではなくサポートドキュメントでの発表のみとなっており、個別にAppleへの問い合わせが必要になる。

問題の発生を防ぐOSアップデートが公開されたのもMacBook Proのケースと同様だが、こちら(watchOS 7.3.1)は既に発生している問題も修正可能と受け取れる説明になっている。ただし、OSアップデートで100%修正可能なら無償修理も必要ないため、修正できない可能性があるのか、未発生のデバイスを対象とした修正なのか明確ではない。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | 電力 | バグ | アップル

 関連ストーリー:
Apple、充電レベルが1%を超えない2016年/2017年モデルMacBook Proのバッテリーを無料交換 2021年02月11日
H.モーザー、スマートウォッチ風デザインの機械式腕時計「Swiss Alp Watch Final Upgrade」を発表 2021年02月07日
watchOS 7.3配信へ。国内でもApple Watchで心電図や心拍の通知機能が利用可能に 2021年01月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAppleApple WatchMacMacBook Pro

関連記事