インテリックス Research Memo(9):2021年5月期の配当は未定だが、配当性向30%以上を継続する方針

2021年2月17日 15:09

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*15:09JST インテリックス Research Memo(9):2021年5月期の配当は未定だが、配当性向30%以上を継続する方針
■株主還元策

インテリックス<8940>は株主還元策として、財務体質の強化と内部留保の充実を図りつつ、業績連動型の配当政策を導入している。具体的には、配当性向(連結ベース)で30%以上を目途に配当を実施していく方針となっている。2021年5月期は業績見通しを発表していないため配当金についても未定としており、業績予想を開示した段階で合わせて発表する予定となっている。


■情報セキュリティ対策

情報セキュリティ対策として、同社はウイルス対策ソフトを導入しているほか、マルウェア等の攻撃や侵入を防ぐため、2017年よりAI(人工知能)技術による高度な防御機能を搭載したシステムを導入・運用している。また、外部からの社内ネットワークへの攻撃を防ぐファイアウォール装置を設置するとともに、情報機器の資産管理システムを運用し、各種ログを自動収集することで社内からの情報漏えい対策も実施している。

サーバーの運用に関しては、データセンター内に構築した自社サーバーによるプライベートクラウドから商用クラウドへ段階的に移設しており、障害に対する信頼性向上やインフラの拡張性を図ると同時に、外出先からの情報共有を容易とし、SNSシステムとの併用により効率的な運用を行っている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)《NB》

関連記事

広告