ジーニーがデジタル×リアルのBtoCマーケティングソリューションでヒロモリと業務提携

2021年2月12日 13:43

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

ジーニー<6562>(東マ)は販売促進の企画やツールの提供を手掛けるヒロモリ(東京都港区)とマーケティングコミュニケーションに関するサービス、ソリューションの提供事業で業務提携をした。

ジーニー<6562>(東マ)は販売促進の企画やツールの提供を手掛けるヒロモリ(東京都港区)とマーケティングコミュニケーションに関するサービス、ソリューションの提供事業で業務提携をした。[写真拡大]

写真の拡大

■顧客とのコミュニケーションをリアルとデジタル両面から促進・支援

 ジーニー<6562>(東マ)は販売促進の企画やツールの提供を手掛けるヒロモリ(東京都港区)とマーケティングコミュニケーションに関するサービス、ソリューションの提供事業で業務提携をした。これによりツールを利用したマーケティングプロセスの自動化・顧客管理・ターゲティングと、リアルな販促手法やコミュニケーションをワンストップで提供することが可能となる。

 ジーニーは、営業管理ツール(SFA/CRM)No.1「ちきゅう」、マーケティングオートメーション「MAJIN(マジン)」などのマーケティングツールを自社開発・販売している。 ヒロモリは、ノベルティグッズの企画製作やプロモーションの企画運営など、国内外のクライアントに対して、企業の広告宣伝活動や販売促進活動をサポートしている。 今回、ヒロモリの新規顧客開拓プロモーション力や創業以来培ってきた国内外ネットワークと、ジーニーが得意とする顧客へのデジタル上での1to1マーケティング・顧客コミュニケーションのノウハウ、スキルを掛け合わせることで更なる事業成長を見込み、同提携に至ったとしている。

 今後は、ヒロモリが提供するものづくりやプロモーションの企画立案及びリアルプロモーションと、ジーニーが展開するマーケティングツールを組み合わせることで、企業に求められる顧客とのコミュニケーションをリアルとデジタル両面から促進・支援する。また、接点ごとの顧客体験の積み重ねを可視化することで、カスタマーエクスペリエンスの向上、優良顧客の育成が可能となる。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
エフティグループは調整一巡、20年3月期営業増益予想で3Q累計順調(2020/02/18)
【特集】約1カ月ぶりに再開されるIPOの類似関連銘柄に注目(2020/01/27)
【特集】意外な業績好調銘柄とコロナウイルス関連に上乗せの花粉症関連銘柄をマーク(2020/01/27)
【CSR(企業の社会的責任)関連銘柄特集】イワキのCSRは「小さな社会貢献活動」として地道に継続(2020/02/04)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告